2017年2月18日土曜日

13日前 もう一度父に会いたい

父がいなくなって7ヶ月。最初の数ヶ月のように毎日父のことを考えては泣く、ということもなくなってきた。なのに、こうして父の最期の頃のことを書くと、父が懐かしくてたまらない。父に会いたい。でも、勿論それは叶わない。

亡くなるちょうど1年前の父
この頃はもうかなり痩せていた

**************************************
6月7日。姉の職場に看護師Aさんから電話がある。やはり父はあまり食事を摂らなくなったらしい。5月20日以降完食の日がない。体重は1ヶ月で2キロ減って、今日現在38.9キロということ。エンシュアを処方する。

職場を早退した姉がカレーとソフトクリームを持って夕方5時半に父を訪問すると、父は部屋で寝ていた。食事に行こうと誘っても『しんどい』といやがる。なんとか説得して歩かせたが、部屋の前のソファで座り込んでしまう。そこに食事を持ってきて食べさせようとしたが父は食べない。

部屋に戻って食べさせたが吐き出してしまう。お茶も詰まると吐き出す。バナナも吐き出す。汚い、という不安もあるらしい。ホームでは甘い栄養補助食品などを足すなどの工夫をしてくれている。

頭が痛いし胸も痛いというので看護師さんに来てもらうが、熱が37度ある以外には特に問題なし。血圧は低めでいつも通り。酸素濃度も大丈夫。水分も摂らなくなって脱水状態になった場合点滴が必要となってもホームではできない。その場合は入院する必要があると看護師さんから説明がある。でも、本人にとってそういう治療は居場所を変わるストレスを考えると、施設で見守る方が本人にはいいのではないか、ということ。

父は姉がいると落ち着くなあと言うので、姉は2時間いて7時半ぐらいに部屋を出る。出る時に、今日は食べてないよと父に言うと突然目が覚めたように『ほんと?頭がどうかしとったかなあ』とつぶやく。

この日の夜牧野君が電話してきてくれる。父が8時頃になって急に食堂に出てきて食事すると言ったので、姉が預けていた区分4のすき焼きとご飯を出したら食べた。『お父さんにとっての食事の時間だったのかもしれないですね。』姉が心配しているだろうと思ってかけた、というのを聞いて姉が泣いた。
**************************************

これを聞いて私も6月中に日本に行くことを決めた。5月の初めに帰国したばかりだが、やはり心配だ。ちょうど奥歯のブリッジを作ってもらっているところで、仮歯では行けない。ブリッジが出来上がるのは6月16日。

17日のフライトに乗れるとしても10日後だ。姉から父の様子を撮った動画が送られてくる。それを見ると父は5月に私が見た時とほとんど変わらない。長丁場になるかもしれない。だから仮歯のままでは行きたくなかった。動画を見るとまだまだ父は大丈夫と思ったのだった。

でもこんなことを考えながら
ピーツで大きなシナモンツイストを
涙を拭き拭き食らう私なんです

0 件のコメント:

コメントを投稿