2015年11月26日木曜日

Tマイナス3 家族の引き出し

朝目が覚めたら顔全面が真っ赤だった。昨日美容院でヘアカラーをしてもらったのだが、昨夜シャンプーをした時顔に刺激性のあるものがついたのだろう。そういえば昔からいつもそうだった。

デートの前日に食べ物にあたって蕁麻疹が出たり、蚊に刺されて瞼がお岩さんになったり。結婚式は花嫁さんしか皆見ないのだし、母なんてどうでもいいのだが、やはり集合写真にお岩さんはNGなんじゃないか?

朝起きた時ベットの中で寝たまま撮った写真
こ、こえ〜

さて、今日はケータリング業者が、テーブルなどを搬入する日。昨夜は遅くまで家具を移動し、とりあえずリビングルームは殆ど空になった。あとの重いものは今日次男の友人が来て移動を手伝ってくれるらしい。

男たち3人が家具をガレージに移動した

今朝のリビングの状態
エクササイズマシーンとソファは今日移動予定

ボールで遊びながらトラックを待つ次男(仕事を休んだ)

トラック到着

8フィート(244センチ)のテーブル3つと
スイートハートテーブルとベンチ7つ搬入される

明日がサンクスギビングだということをつい忘れてしまう。今年は式の準備で忙しいので、何もしないことにした。長男はガールフレンドの家で、彼女と彼女のお母さんとの3人で過ごすらしい。

最近長男は彼女の家で水道管を直したり、バスルームのリフォームを手伝ったりしているらしい。長男の話の端々にWEという言葉がよく出る。We fixed it.なんて、うちでは何も直さないくせに、と少しムッとする。

車で1時間のところにある彼女の家に毎週末通う長男は
昨夜オイル交換をしていた

友人Yは『長男は完全に向こうにとられたね。』と言うが、まあ仕方ない。ガールフレンドの家は20年以上母一人子一人の生活だったので、長男は重宝がられているのだろう。それもいい。人の役に立っている、という喜びを味わえるのなら。サンクスギビングに3人で食べるために買ってきたというターキーを見ると少し寂しくなった。

3人だとこの大きさで充分なのだろう

子供たちが小さい時、サンクスギビングは楽しいイベントだった。ワイワイと数家族が集まり、終わったあとはクリスマスツリーを切りに行く。好きなツリーを探すために、山道を興奮した子供たちがスキップしながら歩くのだった。

飾り付けを一緒にしたら『クリスマスまであと何日』とカウントダウンが始まる。子供たちにプレゼントを買うのも楽しみだった。一つ二つと増えていくプレゼントの箱が、自分のものなのか兄弟のものなのか、中身は重いのか軽いのか、と箱を揺すってみる。

キッチンにはアイランドがあるのだが、そこには4つの引き出しがあり、左から年齢が若い順に割り当てていた。左二つは息子たちの引き出しなのだが、子供の頃ポケモンカード、ポグ(日本のめんこのような90年代に流行ったゲーム)、数ヶ月分の返却された宿題、ゲームボーイのゲームなどがきちきちに詰められていた。新しくもらったポケモンカードなどを引き出しに入れ、時々開けて愛でるのだ。いっぱいになった引き出しを少しは片付けなさい、と言ってもなかなかきかない彼ら。

キッチンで調理をするケータリング業者に
衝立を使って軽く目隠ししてください、と言われた

なのに、今はもうその引き出しに何も入ってないのだなあ、と胸がいっぱいになる。これが大人になるということなんだな、と思いながら開けてみた。

中身ぎゅうぎゅうでこれ以上開かんがな