2013年4月18日木曜日

診断

昨日に引き続き今日もかなり暖かい。日中は綿セーターでも暑過ぎる。朝、庭を見たら雑草が生い茂っていた。軽く抜いて少しさっぱりさせておく。



父は今のホームに12月8日に入居した。老人ホームには入りたくない、在宅で生活したいという気持ちが強かった。しかし、ちょうど1年前に肺炎にかかり、いざという時に人工呼吸器をつけるかどうか決めてください、と医者に言われるほど悪化した。退院後自宅生活を再開したが、数日後父は病院の認知症病棟に入った。父自身がもう在宅では不安だ、24時間人の目がある所で生活したいと希望したからだ。その後介護老人保健施設に入り、2軒の施設を経たあと今の特別養護老人ホームに落ち着いた。

父の一番の問題は暑さに弱いこと。自律神経失調症で体温が調節できないのだ。だから、出かける時はいつもアイスノンを持参する。入院していた病院でも保健施設でも、これが一番の問題だった。暑いと言い始めると「こんな所にはいられない。すぐ家に帰る。」となるからだ。

今のホームではまだ夏を過ごしていない。4人部屋とはいえ、障子で区切って個室感覚で使える上、エアコンは一つ一つの部屋についている。が、やはりこれから暑くなって来ると、父のつけるエアコンのせいで同室の人たちと問題が起きるのではないか、と不安になる。


昨日森先生を受診した時に、2つの問題点を話した。

暑くなって来たので、これからホームで初めての夏を迎える父が、問題を起こさないかどうか家族が不安だ。勿論父自身も不安を感じている。今のホームでは毎日のように将棋、色鉛筆教室、バイオリンやピアノのコンサートなどのイベントがある。しかし、父は人が集まる所は『暑くなる』と参加しない。

これからこの暑さに対しての不安が大きくなり、ホーム職員をわずらわせるのではないか。取りあえず個室に移ることをリクエストしたが、それは正しい選択なのか。

先生の答え。ホーム職員は現時点では新しい問題が出た時にどう対処したらいいかわからかもしれない。が、この夏を乗り切ると一通り父の行動を見たことになるので、パターンがわかり安心できるはず。個室でいいでしょう。


次の問題。最近父は部屋に置いておいた飲み物を誰かが飲んでしまった、あるいは他の種類の飲み物が入っている、と言うようになった。これは他の入居者が父の部屋に勝手に入っている所を目撃した時から始まった。アクエリアスが入っていたのに、ちょっと部屋を留守にして帰って来たらお水に替わっていた。誰かが中味を替えたに違いない、と言う。これに対してはどう対処したらいいかわからない。ホームの職員にとってはよくある問題で、対応は慣れているのか。

先生の答え。この行動は妄想知覚と呼ばれる。妄想知覚があると、見た物の対して自分なりの解釈をつけ加える。つまり知覚に対して余分な意味をつけてしまうという意味だ。これから至るところでそういうことが起きて来る。

これが一番むずかしい問題。暑い寒いというのは体質ということで対処はおのずと決まって来るが、妄想知覚は『妄想』ということで処理するのがむずかしい。

しかし、周囲の人間が「それは勘違いですよ」とは言いにくい。現実にあるものを見てどう思うか、は十人十色の解釈があるからだ。もしかしたら本当にあったことかもしれないわけで、職員がうまく安心させることはむずかしい。本人が納得できないのだから、そこの対応はむずかしい。よくある問題とも言えないから、職員は慣れてはいないかもしれない。

父への対応。そういうこと(誰かが飲んでしまう)はあったらあったでよしとしよう、集団の場なので色々なことがある。その中の一つとして捉えて、それの真偽を問わないということにする。真偽のやりとりになると水掛け論になるので、真偽は置いておいて、それぐらいのことはいいじゃないか、と許容範囲の中におさめる。家族がそういう対応をして、それがうまく行き始めると職員も同じようにすることでしょう。

その意味でも個室に移るということは、一人になれる空間と他の人たちと一緒になれる空間と、自由に使い分けることができて良いでしょう。皆と一緒というのは温度のことも含めて父には無理がある。気温の変化にだけではなく対人関係にも過敏なので、気にし始めるとこだわると思います。個室にしましょう。

この先生には父の物忘れが激しくなり始めた3年前からお世話になったが、昨日が最後の診察になった。父のホームを訪問して診察してくれる、老年内科の先生に引き継いでもらうことになったからだ。3年間森先生の明快な回答によってどれだけ救われたか。

日を改めてもう一度この先生に関して書いてみたい。

夕方父の所に行って来た。父はやはり暑い暑いと言いながらも、下着、ポロシャツ、セーターを着ている。そして布団にくるまってアイスノンを枕にして寝ていた。「また去年の同じようなことになってきた、去年は施設で暑かった。余りに暑いので廊下のエアコン吹き出し口の下で毎日過ごした。困ったなあ。」などと言っている。ああ、また大変な季節が来るなと改めて思った。

それにしても暑い日だった。帰り道に明治天皇御陵に行く。運動不足なのでちょっと階段を上がろうかな、と思った。この階段は確か200段ぐらいあったはず。


しばらく眺めたあとやめた。来週から始めよう。