2014年9月2日火曜日

また車を売る

ジャイアンツがサヨナラ負けをして、とてもとても悔しい。それも大好きなロモ選手が負け投手になってしまった。サヨナラヒットを打たれた途端テレビをバチン!!と消し、頭を冷やすために家の前の道を歩くことにした。

実は今日は5月に雨で中止になった試合の残りの消化試合もあったので、午後中カウチポテトをしていたのだ(これは勝った)。なんと家を出る時の歩数計の数字は870歩。

家の前はサークルになっていて、陸上競技のトラックのようになっている。それも1周が400㍍だ。夜でも安心して歩ける。

ここを歩く

これはコミュニティのプール

6周歩いて帰って来たら夫がレクサスを掃除していた。アメリカではレクサスSUVと呼ばれるが、日本ではハリアーという名前のこの2000年型四駆。2006年に中古車を買ったのだが、今や175000マイル、つまり28万㌔の走行距離を記録している。夫の上司が6000㌦で買ってくれたので、明日はお別れだ。

昼間ワックスをかけた
この車、本当に重宝した。故障も少ないし、テレビ、家具、植木など運んでくれたとても役に立つ車だったのだ。長男と次男が大学に行った日、家具と一緒に息子を大学街まで運び、帰り道この車の中でずっと泣き続けた。言わば一番思い出が詰まった車だ。

車を売る時は何故こんなに寂しいのだろう