2014年3月28日金曜日

ワードローブ

昨日も今日も朝から雨だ。でも小雨なのでアメリカの干ばつは引き続き深刻な状態。ただ肌寒い。


やっと3クラスの授業にも慣れて、準備の時間は余りかからなくなった。朝は7時半に起きてラジオ体操第一と第二。顔を洗ってお化粧をする。その一連の作業が終わるのが7時50分。それからコーヒーを入れて朝食。小さなベーグル一つだけではお腹がすくので、最近はフルーツや野菜を食べる。じゃないと、4時限目にはお腹がぐううう〜と鳴ったりする。

8時15分は20分になったら着替えを始める。家を出るのは8時40分だから20分はあるのだが、その間洋服を着ては脱ぎ着ては脱ぎ、で結局ぎりぎりになる。

結局白黒紺グレーばかり
まず、生徒たちに背中を向けて白板に板書するのだから、お尻が露になった洋服は着たくない。余り暗い色は着たくないが、何故か派手な色を着るのは気がひける。


だから、紺、グレー、黒、白のトップが殆どなのだが、ボトムはカジュアルなものしかない。ジーンズをはいていくのは金曜日ならいいだろうが、毎日は気がひける。ボトムは黒系のパンツが多い。黒のトップとボトムを合わせるわけにはいかない。このトップは明るい色だが短い。など考えながら着たり脱いだりしているうちに、時間が過ぎてしまう。


結局イメージ的には同じものばかり着ている。勿論自分の中では微妙に違うが、人が見るといつも同じ洋服を着ている印象だろうなあ。それに毎朝鏡で自分の姿を見てがっかりする。地味なおばあさんが必死でオシャレをして出かけようとしているが、魅力も何もないただのばあさんだ。なのに、色々と着替えては『これにするか、あれにするか。』と考えている。

今朝などハッと気がついて時計を見たら8時43分だった。いくら授業は8時59分から始まるとはいえ、生徒たちは1時限目が8時53分に終わるので、早い子は8時54分には教室に来る。それまでには行っていないといけないだろう。

ちょっと違うか
それにしても日本語2と日本語4のクラスの生徒たちの日本語力の差は大きい。日本語4の生徒の中には、去年教えた時『この子はこのクラスで生き残れるのだろうか。』と心配した生徒も結構いる。しみじみとよくここまで来たね、とほめてあげたい。

この日本語4の30人の生徒がかわいくてかわいくて仕方ない。あと1週間ちょっとでお別れなのが本当につらい。今日は3クラスとも漢字クイズをしたのだが、生徒の中にはクイズのあと、間違った所を色々な理由をつけて正解にしてほしい、と交渉してくる生徒もいる。が、ダメと言うとあっさりと引き下がる。それがまたかわいい。

アメリカでは大きなテスト以外はクイズと呼ばれる。日本語を教える時は、漢字クイズと単語クイズをする。それから言葉がどう変換するか、などを答えさせるクイズなども混ぜる。来週金曜日に2週間の集大成。チャプターテストをする。それまでに遅れのある子を個人指導してでも、どうにか追いつかせたい。日本語をずっと好きでいてほしい。

今日一番嬉しかったこと
オフィスでマーカーを7本ももらった!