2016年4月12日火曜日

腹の立つことばかり

朝からイライラする。なんでこんなに腹が立つことばかりなのか。これが年を取ったということなのか。いや、年を取っても穏やかな人は多い。人間としての修行が足りないのか。きっとそうなのだろう。

朝10時からのワイワイ広場に父を連れて行くために、9時45分にホームに行くと、父が不安なことをスタッフに言い募っているところに出くわした。元々不安症なので何か自分がすべきことがあるのではないか、目に光が入った、風邪をひいたかもしれない、などなど理由を作っては不安を訴える。

そんな父をワイワイ広場に連れて行ったが、ここしばらく父は行くだけでニコニコしていたのに、今日の父は始まるまで大きな声で何かを訴え続ける。今日は何曜日?とか、険しい顔で言い続けている。最近の父は殆ど言っていることがわからない状態なので、何かの不安があるのだけがわかる。

今日はビニールのボールでのサッカー

そのたびに父のそばに行って『もうすぐワイワイ広場が始まるから、静かにして。』と言うと一旦は納得するが、1分後にはまた険しい顔をして大きな声を出す。これは新しい症状だが、認知症が進行したせいなのだろう。認知症の父に腹を立ててはいけない、と思いながらもイラつく。

ボールを投げてもらった時だけ静かになる父

その後ずっと頭をかかえてイベントに参加しなかった
始まってからも殆ど参加しない。東京音頭を一緒に歌いましょう、と先生が声をかけてくれる時だけ大きな声で歌うが、その他の時はずっと頭に手をつけたまま身動きしない。

イベントの間じゅういつも思うのだが、気がつくスタッフは本当にノンストップで動く。私もいつも風船をふくらませたり、イベントの補助をするのだが、スタッフの何人かは殆ど立ったままの状態で、動かない。どんなに優しいいい人だとわかっていてもこれはイラつく。中でも毎回一人の女性スタッフに特にイラつく。なぜなら入居者に投げやりなタメ口でしゃべるからだ。

『あかんで。』『この椅子に座り』『ほら、こっちに投げるんやで。』『おしっこ行きたいんか?』ととても面倒そうな、まるで幼児に対するような話し方。これが毎回不快でたまらない。ここにいる入居者は高齢でボケている人も多い。が、戦争をくぐり抜けて必死で生きてきた人ばかりだ。ボケているからと言っても子供ではないのだ。これはホームに投書しよう、と決心する。

終わったあと部屋に連れて帰りしばらく横にいても、父は不安そうに何かを訴えている。大丈夫、と声をかけると『大丈夫?』と繰り返すだけで会話にはならない。父が寝たので部屋を出て近所の580円のサンドイッチとコーヒーのランチを食べに行くことにした。



道中選挙演説カーを取り囲むようにして、歩道を塞いだ数人がすさまじい騒音でがなりたてている。急いでiPhoneを出してイヤホンを両耳に入れて耳を塞ぐ。どんなにすばらしい演説をしていても、これでは耳がおかしくなりそうな大音響だ。内容を聞いてみようとは思えない。

ランチを食べに行ったパン屋さんは半分以上のお客さんがタバコをひっきりなしに吸っている。分煙でもないのだから、文句は言えないがイラつく。

う〜む、どうも過剰にイライラしているようだ。確かに5年前はここまで物事に対して腹が立つことはなかった。楽しいことを考えないといけない。険しい顔の老人にはなりたくない。

家に帰りアプの部屋に行ってメールチェックをすると、次男とマリーから猫の写真やビデオが送られてきていた。かわいい。今までアプだったiPadの壁紙を、少し後ろめたく感じながらも猫の写真にする。

大きな耳に特徴がある

水道水を飲んでいる様子のビデオがかわいい
これを壁紙にした

が、何か視線を感じる。イライラした感情ではないが、なんだか負の感情を伴ったような視線・・・

どうも背後にあるケージの中から来ているらしい負のオーラ