2015年6月13日土曜日

このところサードウェーブのコーヒーが流行っているそうだ。豆や淹れ方にこだわりを持ったコーヒーのことで、ブルーボトルコーヒーなどのことを言うらしい。ちなみにファーストウェーブはコーヒーが大量生産され始めた19世紀後半、セカンドウェーブはスターバックスなどのシアトルのコーヒーが出た1970年前後の時代のことらしい。

サードウェーブの代表的なコーヒー、サンフランシスコのブルーボトルは一度飲んだことがあるが、そこまで大騒ぎするほどのもの?というのが正直な感想だった。だから、コーヒーってそんなにおいしいもんか?とつぶやいた私に姉が言った。「そやけど、あんた、makiのコーヒーはめちゃくちゃおいしい、言うてたやん。」と。

出町柳の古い街並みにあるmaki

そうか!コーヒーmaki。去年初めて飲んで、もう〜、信じられないほどおいしいと思ったのだった。思い出した途端飲みたくてたまらない。翌朝車出勤する姉に出町柳で降ろしてもらった。


出町柳の橋から二つに別れた鴨川を見る

8時半開店のこのお店に着いたのは、8時35分。なのにもう10人ほどの人がいた。

分煙だが煙はちょっとつらい
日曜日だけは全面禁煙

それでも初めて鴨川が見える窓際の席が空いていた。


鴨川を見ながら飲むコーヒーは
おいしかった〜〜

父が死んだら京都にはもう戻って来たくないと思っていた。いや、このコーヒーを飲むためにいずれまた京都に来ることがあるかもしれない。京都のどんな食べ物よりも、このために京都に帰ってきたい。それほどおいしい。と思う。

以前にもこの写真を載せたけど、
モーニングセットは激安の650円

出町柳からだと京阪電鉄の出町柳駅や、烏丸今出川にある地下鉄の駅が近いが、運動のために歩いて地下鉄三条京阪駅まで行くことにした。鴨川沿いを歩く。


豆餅で有名なふたばも朝9時は行列なし

出町柳の橋から鴨川の土手に降りる

いつもこの鳥 がここにいる

ジョギングをしている人も多い

橋の下にはちょっとしたアート
丸太に座って見られるようになっている

川床が始まっている

三条大橋横にあるスタバ川床

三条大橋から南方面(四条)を見る

出町柳から鴨川沿いを歩くのはなかなかいい運動だし、川というのは心が休まるなあ、と思う。この飛び石に小さな息子たちを連れて来たことを思い出す。



日本に連れて来ると一緒に遊ぶ子がいない、と退屈する息子たちを楽しませるのは毎夏大変だった。明日は何をして1日を過ごそうかと思うのがどんなにストレスだったか。なのに、息子たちはもう自分の子供を持つような年齢になってしまった。川の流れを聞いているとしんみりとした気持ちになる。

それにしてもここまで鴨川鴨川と何度も書いたが、実際は鴨川?賀茂川?加茂川?これは京都に住んでいてもはっきりとは知らないんです、という人が多いのではないだろうか。個人的には加茂川という字が好みだが、と見回してみると・・・

あった!川の名前が出た看板がすぐ横にあるではないか!

わからんがな・・・