2016年6月18日土曜日

おどける父

水木金と父を見ていなかった姉は、今日の父を見て驚いていた。父の状態が一気に低下していたからだ。昨日から一切の食べ物を拒み始めた父は衰弱している。それでも私と一緒にいる間はぼんやりしていたのに、1時間後に姉が来た途端笑いを取ろうとするのにびっくりした。

急におどけ始めたのだ。どうも心臓麻痺を起こして死んでしまった自分、という一連のジェスチャーをしているらしい。私のことはもうわからなくなっているのに、姉のことはよくわかる父。最終的には長女に頼るものかもしれない。


元気だったのが

突然の心臓麻痺

崩れ落ちるところ


そしてこときれた(らしい)

看護師さんと話したいと言うと、若い看護師君が来て父の状態を説明してくれた。その間父は姉に向かって拝むように手を合わせている。何かを謝っているようにも見える。父はまるで死を受け入れる準備ができた、今までありがとうと言っているようだ。

説明の内容は、父がもう自分から食べようとしないこと、水分も100ccしか取れていない、熱があったので抗生物質を点滴で投与したが、父は針を抜いてしまう。入院して拘束して生命維持に必要な栄養点滴を受ければ、1ヶ月ぐらいは延命できるだろう。ただ、その後は今と同じようにまた脱水症状を起こす。本人にとっては苦しい治療だということ。

あるいはホームで看取りすることもできる。その場合父は緩やかに意識が低下していき、安楽な死が訪れるそうだ。月曜日にホームの嘱託医の説明があり、その時点で看取り介護に移行することに同意するなら、確認書に署名する。

拘束し点滴を受け、水分で身体がパンパンにむくみ、痰の吸引を続けながら死を待つよりも、できればホームで穏やかに逝かせてあげたい。救急搬送で入院させないことに同意した。

昨日はスーパーで人の目なんかどうでもいい、と思いながら泣きに泣いたが、ホームで泣いている姿をスタッフに見せるのはなんだかいやだ。それも父の目の前で泣きたくない。

今晩もう一度ホームに行き、父が穏やかに呼吸していることを確認する。その時父の意識がしっかりしていたら、父にいいニュースを伝えたい。

最期まで髪がたくさんあったね