2014年11月23日日曜日

記憶スケッチ

次男がレンタカーを借りて家に帰って来た。マリーと一緒だ。友人のパーティに行くためらしいが、仕事のことで父親に相談したいこともあったようだ。マリーと険悪になることも何度かあったようで、ちょっと息抜きも必要だったのだろう。なにしろ狭いワンルームに二人で住んでいるのだ。よくお互いに我慢してるなあ、と思う。

シーフードレストラン、携帯電話のお店、スターバックスと廻ったあと映画『プラダを着た悪魔』を4人で見て盛り上がる。長男は週末になるとガールフレンドの家に行くので4人しかいないが、まるでお正月のような気分だ。ついでにゲームもすることにした。

帆立貝のパスタ
ロブスターサンドイッチ


蟹サラダ
シーフードバーベキュー

今日のゲームは『記憶スケッチゲーム』。与えられた題材を記憶に頼ってスケッチするゲームだ。しかし、いざ紙を配って題材を与えようと思っても、何も浮かんで来ない。浮かんで来るのは『サザエさん』の波平。この人たち、誰もサザエさんを知らない。やっと浮かんで来たのが『パンダ』だった。

4人でスケッチを交換して爆笑になる。これ結構性格が表れるのだ。

私のパンダ
なんだかアプに似ている
黒いところの塗りつぶし方がいい加減

次男のパンダ
母親に似てやはり手抜き

笹を食べているマリーのパンダ
一番うまい 
夫のパンダ
誰よりも時間をかけて細部までこだわる
しかし、これを見てパンダだと思う人がいるだろうか

もう一枚ずつ紙を配ったのだが、次の題材を思いつくことができない。考えた末出て来たのは何故か『小便小僧』。

私の『小便小僧』
正確に描かねば、しかしどうするか、と
迷いが見てとれる

マリーの『小便小僧』
ダントツにうまい

次男の『小便小僧』
まあ、かわいいと言えよう
そして延々と描いている夫。とにかく手抜きがなかなかできない性格なのだ。『もうよろしい』と紙を取り上げてみると・・・


火を吹く伊丹十三、というか・・・