2015年1月27日火曜日

千変万化

アプの表情の豊かさには驚く。元々ちょっと眉が下がり気味で情けない顔に見えることが多い。


下がり気味の眉で寂しそうに見える

トリミングが終わってお母さんを待つアプ
ちょっと不安気

それでも嬉しい時には本当に嬉しそうな顔になる。

公演で走るアプ

保育園で遊ぶアプ

芸を覚えて得意そうな顔。

鼻の穴がふくらんでいる

緊張している時の顔。

カイロの先生に足をチェックされている時、お母ちゃんをすがるように見ているアプ


緊張すると耳が立つんです


トレーニングやお医者さんのあとで完全にリラックスした顔。

けだるいけど満足している顔

冬用ベットで湯たんぽをしてもらってくつろぐアプ


オモチャで遊ぶ時の至福顔。

鼻をフガフガ言わせて遊ぶ

他の犬と遊ぶ時、一対一なら大丈夫のアプも集団になると入って行けないようだ。
一対一なら大丈夫
特に同じサイズのトイプーのキャンディちゃんと追っかけっこをする時は楽しそうだ。

video

ところが公園にどんどん犬が集まって来ると、段々距離を置き始める。


遠巻きにして見ている。


あれ?アプはどこに行った?と探すと飼い主の足元にポツンと座っている。


私が日本にいる間は毎日アプと遊んだり散歩したりするが、普段は姉が仕事をしているのでペットシッターさんが来る。お天気さえ良ければ散歩に連れて行ってもらう。シッターさんは毎日報告メールと写真を姉に送ってくれる。

が、どうもアプはシッターさんに余りなついていないのではないだろうか、写真を見ると『余り楽しくないんだけどぉ?』という表情をしている、と姉が心配する。

いつもなんとなくつまらなそうな顔の写真が多い

特に私が帰国してしまって、またお昼はペットシッターさんとの毎日が始まるとつまらないのだろうか。

しかしここまで露骨に表情に出すか?