2015年9月30日水曜日

もうすぐ空の巣

10日間日本に滞在した夫が明後日サンノゼに帰る。明日は東京に一緒に移動し、明後日成田から夫は飛ぶ。

普段はもう空気のような存在の夫が、日本に来ると手がかかりイライラすることも多かった。2週間のレールパスを最大限使いたい夫は、東京に2度、姫路、広島、越後湯沢と遊び回った。だからずっと一緒にいたわけでもないのだが、普段より行動を共にする時間はいつもよりずっと長い。

京都はほとんど観光せず、
行ったのは嵯峨野の竹林のみ

野宮神社に入る夫

スーパームーンの日
祇園に食べに行った

姉と私が大好きな石神井公園
夫はかなり気に入ったようだ

もちろんMAKIのモーニングにも連れて行った

あちこち旅行した夫だが、
京都をもっと極めるべきでは?


父にも3度会いに来てくれたし、最終的な片付けもしてくれた。

父のガラクタはこれが最後

娘婿が来たと喜ぶ父

夫に文句はない。キャパの小さいすぐパニクる夫だが、家族のことをよく考えてくれるし、家事もよくする。

なのに、どうも大きな不安にかられてしまう。これからの人生何が残っているのか。来月には次男が結婚し、サンフランシスコのコンドーに引っ越す。長男もガールフレンドと10日間のヨーロッパ旅行から昨日帰って来た。そろそろ結婚を考えているのではないだろうか。

もうすぐ空の巣になるのだ。夫と残りの人生をずっと共にすることは可能なのだろうか。何を楽しみに生きて行くのだろうか。明後日から3週間は独身生活に戻る。これからのことを、少しずつ検証せねば。どうも胸の中にあるざわざわが重苦しい。

とりあえずは明後日我が家の幼子たちに(29歳と26歳)
キャンディを運んでもらおう