2018年4月30日月曜日

香り

知らない間に撮られた写真の自分の姿にがっかりする。自分では若いつもりでいるのに、写真には如実に年齢が現れるのだ。


丸い肩、ちょっと曲がった背中、薄い頭頂部

立派なおばあちゃんの香りがする。

夫が片付けサイクルに入った。日がな一日古い書類をスキャンしては破り資源ごみに出す、という作業をしている。古い写真もどんどん出てくる。

書類よりも棚のゴチャゴチャコレクションをどうにかしてほしい

これは30年前のものだ。長男が赤ちゃんの時だから、昭和62年だろう。サンフランシスコの波止場で撮った写真なのに、この写真からはしっかり昭和の香りが漂ってくる。昭和の最後の頃というよりも、昭和30年代ぐらいのようにも見える。

🇺🇸なのに日本人夫婦のせいかなんだか昭和っぽくないですか?

この写真と比べると時代の違いは一目瞭然だ。オムツ交換をしている時でも、この写真からはミレニアム世代の子育ての香りが漂ってくる。

他の香りも漂ってきているが

この夫の写真が醸し出している香りは何なのだろう。


コストコの香り

2 件のコメント:

  1. おはようございます。

    今日のお題は香りでしたか。
    ミレニアム時代の子供たちとの会話ははぁ~と、ため息がこぼれることがあります。
    ミレニアム時代と文化の違いやらでしょうか。日本に住む若い世代も確実に価値観などバラエティーに富んでると感じます。インターネットの媒介を通して世界観が急激に変わるところもあるだろうし、逆に変わらないことの新たな発見もあるんでしょうか。ご主人様もしっかりグランパですね。MIKIMIEさんも、優しさ漂うグランマです~。コストコファッション決まってますよ~。(奥様はいつもご主人に対して厳しいのは、我が家も同じです!)

    返信削除
    返信
    1. ケイさん、
      こんばんは!
      世代が違っていても家庭の教育が子供たちの価値観に大きな影響を及ぼすとは思いますが、ミレニアム世代はSNS世代であることが私たちの世代との大きな違いでしょうね。実際に面と向かってコミュニケーションを取らなくてもすんでしまう世代。これはどうなんでしょう。社会に出てコミュニケーション能力が問われる時に、世界観が急激に変わるのでしょうか。

      夫と一緒に日本に行った3年前、サンフランシスコ空港で夫の洋服に気がついてあちゃ〜と思いましたよ。コストコで買ったぶかぶかジーンズに、コストコのオレンジ色のよれよれポロシャツ。京都に着いたらすぐ伊勢丹に行ってポロシャツを3枚買いました。
      年をとるともう少し身綺麗にした方がいいとは思うのですが・・・
      せめてユニクロでもう少し体に会った洋服を買ってほしいです。

      アメリカではHappy Wife, Happy Lifeっていいますからね〜^^

      削除