2015年7月9日木曜日

まだら

今年の夏ほど雨が降り続く梅雨があっただろうか。

母がいつも入院していた病院
なんで父より先に死んだのか、といつも思う

父のホームでのワイワイ広場に行くことにした。以前は日本に帰ると必ず父を連れて行ったものだが、部屋の熱気やお手伝いをすることで疲れてしまうので3月の帰国からはやめた。自分の体調を崩すと父のところにも行けなくなるからだ。

が、そうすると父はなかなか行かないらしい。スタッフが声をかけてくれても頑なに拒否するか、行きたい時にはスタッフが忙しい。先週は行きたかったのに、スタッフが忙しかったらしくて行けなかった、と1週間たっているのに父は言い続ける。こういうことは覚えているのだ。これがまだらボケなんだなあ、と感心する。

久しぶりのワイワイで、父はドーパミンが出ているのがわかる。もう笑顔が止まりませんという顔だ。風船でできた大型ボールでバレーボールも楽しくて仕方ないらしい。

エクササイズをしながら歌う
しかし、父は指示に従うのがむずかしい

エクササイズは『東京音頭』に合わせてする。父の声は大きいので、先生に皆のリーダーになって歌ってください、と言われて嬉しいようだ。

風船6つを入れたナイロン袋の巨大ボール

ホームのイチローだった父も老化したなあとつくづく思う

部屋に帰ってからも楽しかったと言い続ける。こんなことならやっぱり毎週来てあげれば良かった、と後悔する。一緒に1時間ほど歌うと、父はどんどん活性化しているのがわかる。東京音頭は支那事変の時よく流行った。日本が世界から厳しいことを問われた時代だったから、ああいう音楽が流行るのだ、と言う。その辺は記憶も曖昧なのだろうが、父は真面目な顔をして言うので、本当かもしれない、などと思ってしまう。

千頁以上もある分厚い歌の本をめくって色々一緒に歌ってあげる。こんな歌もあった。こんな時代にこんな歌が流行ったのか、とびっくりする。

あったねえ、こんな歌


でもねえ。

還暦が近くなると
共感するのはこういう歌なのよねぇ