2018年1月7日日曜日

老後の拠点1 花のワルツ

社会人の1ヶ月の外出回数を調べたところ、20代が最も少なく70代を下回るそうだ。そして自分が『ひきこもり』と認識する人も20代は6割を超えるらしい。インターネットやスマホの普及で買い物などの多くのことが自宅で完結できるようになったためだろう、と分析されている。

実は私も『ひきこもり』なのだ。自宅にいると午後3時の時点で、歩数400歩という数字を見て驚くことが多い。なにしろキッチンとソファの往復しかしないのだから、どんなにコレステロール値を下げたいなどと言ってもむずかしいだろう。

ところが、日本に行くとひきこもりにならない。なにしろ楽しいことが多すぎる。

東京はどこを歩いても楽しい(桜田門)

一昨年までは介護のために日本に往復していたが、ほとんどひきこもり状態だった。外出しても父の介護のための力を残しておかないといけない、とすぐ帰って来ていたのだ。なのに、今は日本の魅力に改めて恋し始めた。おそらく子供がいるアメリカから離れるのは難しいだろうと思う。が、日本での老後もあるかも、と思い始めた。

丸の内にはクリスマスツリーが多く飾られていて綺麗だったが、
この飾り付けが一番好きだった
(法然院で気がついたが、なぜ最近写真を撮ると全て3度ほど曲がっているのか)

日本から帰国する前にクリスマスコンサートに行ったのだが、くるみ割り人形の『花のワルツ』を聴いていた時、突然涙が止まらなくなった。父との別れ、そして将来の家族との別れを考えてしまったのだ。

涙はいつまでも止まらなかった。

満席だったクリスマスコンサート

しかし、翌日ユナイテッド航空のフライトチェックインをした時にはもっと泣けた。

$149で買ったとほくそ笑んでいた座席アップグレード料金は
フライト当日には$109まで値下がりしていた

2 件のコメント:

  1. アマゾンが次々とお店をつぶしているように思えて仕方ありません。モールは空きスペースが多いですね。
    私も曲は違いますが、偶然にも今日大泣きしました。涙もろくなりました。
    丸の内の飾り私も気に入りました~。
    気候がよくなったら日本各地を巡りたいと夢見ています。ただ今は暖かいところへ行きたい(今日は零下18度C!)。

    返信削除
    返信
    1. 美知子さん、
      零下18℃にはへこたれそうになりますね。聞いただけで震えます。

      日本はやっぱりいいですよね〜。アメリカと違って日本は各地でおいしいものがあるし、全国を巡っても楽しめますね。

      私も普段は花のワルツでは泣かないんですが、今回はチェロとコントラバスの音色が始まった途端ガ〜ン!と来ました。もうハンカチがしまえなくなりましたよ。でもお互いに大泣きすることで悲しみを消化しましょうね。そうです、私も涙もろくなりました。

      アマゾン、まさかこんなに小売業界を席巻してしまうとは予想しませんでしたよ。小さなお店がかわいそうになります。でも便利なので毎日のように使っていますが〜^^;

      削除