2017年12月17日日曜日

クリスマスストッキング

日本で何をしているかと言えば、せっせと刺繍をしているんである。

これにはわけがある。

10月末に姑と小姑2人がコロラドからヒロに会いに来た。その折こういう会話があった。

姑:ヒロちゃんはクリスマスストッキングを持ってるの?
  持ってないならばあちゃんがパッチワークで作ってあげるよ。
マリー:わああ〜、素敵!ところで私も持ってないんだけど・・・
姑:じゃあ、ばあちゃんがあんたの分も作ってあげるよ。
マリー:やったぁ!(次男の方を向いて)あなたもばあちゃんにお揃いで作ってもらったら?

ちょっと待った。それは困る。次男のは25年ほど前に、私が膨大な時間をかけて作ったのだ。ばあちゃんに新しいのを作ってもらって、3人でお揃いの新しいパッチワークストッキングを吊るすのか?

次男のストッキングを作る時、あまりの複雑さに何度もくじけそうになった。長男のは比較的シンプルで(今写真がないのだが)、しかし初めての刺繍に苦労したものだ。次男のを作るのに一体何時間費やしたか覚えていないが、長男のものより数十時間(と感じた)は長くかかったはずだ。



小さい時長男と次男はそれぞれ自分のストッキングをを見ながら争ったものだ。ママがストッキングを作るのにかけた時間は、自分の方のがもっと長い!!とお互いに主張するのだ。その思い出のストッキングをしまいこんでしまって、姑の作ったストッキングを3人でツリーに吊るすのか?

それもいいかもしれない。次男も新しい家庭を持つのだ。3人で新たなスタートを切ればいい。

な〜んてことは思えない。姑に負けてたまるか!

ということで、日本ではまずヒロのストッキング作り、追い込みをかけています。

赤→赤い部分を間違ってグリーンで刺繍してしまった、やり直し
緑→一段間違ってしまったがやり直しは面倒、空白をどう埋めるか
青→糸が複雑にからんでしまったので、ほどくのに1時間かかった

ほとんどの時間は老眼鏡を探すのに費やされている。ような気もする・・・

2 件のコメント:

  1. 素晴らしい!クロスステッチですよね。星や月、動物たちの表情もかわいくて、母の深い愛情があふれたストッキングですね。
    ヒロちゃんのもすごいわ~。尊敬です。

    返信削除
    返信
    1. 美知子さん、

      ありがとうございます!
      ヒロのストッキングは比較的作りやすいデザインですが、ステッチが揃わないですね〜。見本の写真は本当にきれいにできています。全然違います!
      手芸って楽しいですね。ただやっぱり目が見えにくくて大変ですが、これからもっと手芸をしたくなりました。

      削除