2017年11月14日火曜日

ペンパル

日本語クラスの生徒たちには(2クラスで60人足らず)ペンパルがいる。福岡県にあるI高校の生徒たちだ。

このペンパルからの手紙を生徒たちがどんなに楽しみにしているか、その様子をI高校の生徒たちに見せてあげたいぐらいだ。なにしろ日本の高校生の手紙は字も丁寧に書いてあるし、折り紙や写真やビーズなどで盛ってあり、手紙を受け取ったこちらの生徒たちは大喜び。

その様子を見ながら私は想像する。I高校の生徒たちも、こちらから届いた手紙を見て興奮しているのかなあ。

『キャ〜〜!見て見てキラ子ちゃん、私のペンパル!すっごくかっこよくない?』『いいなあ、星子ちゃんのペンパルは男の子なんだ。私のペンパルは女の子よ。でも、可愛いよね。こういうカットソー(って言うんですね)も素敵ぃ。』なんて盛り上がっているんじゃないだろうか。(実際のI高校の生徒たちはとても賢そうで、しっかり丁寧に書かれた手紙ばかりだ。)

でも、何かがひっかかる。何なんだ?この『何かがおかしい・・・』という感覚。

わかった!女の子たちの顔が全員特別にかわいいのだ。ふ〜む。I高校ってモデルさんか女優の養成学校じゃないよね?すると一人の女生徒が教えてくれた。これは加工できるプリクラで撮ってある写真で、それで撮った写真では目を大きくしたり肌をきれいにしたり、足を細く長くできたりするので別人になるそうだ。

なるほど。でもねえ・・・ペンパルからの手紙を持って写した、満面の笑顔の生徒たちの記念写真を見ながら思う。

ペンパルと恋に落ちることって結構あるよね?

0 件のコメント:

コメントを投稿