2017年8月31日木曜日

Boundaries(親子の境界線)1/4

みなさん、この写真を見て何を思い浮かべますか?

授乳直後のヒロ

そう、飲んで食って満足した〜状態のオヤジですね。

マリーと次男は毎週月曜日にlactation つまり哺乳のコンサルテーションに通っている。今週の月曜日(生後10日)のコンサルテーションで、マリーの母乳は双子を育てられるほど出ていると言われたらしい。ヒロの体重は1週間前に比べて400g増えていたそうだ。これからは搾乳しておいて次男が夜中と日中の何度かの授乳を担当できる、と張り切っている。 

それを聞いて私は長男が赤ちゃんの時のことを思い出し悲しくなった。小さく生まれた長男(2600g)はいつも泣いていた。最初に手伝いに来てくれた姑が、「お乳が出てないんでしょう。かわいそうに。粉ミルクを足しなさい。」と横で言い続けるのがつらくて仕方なかった。

勿論姑に悪気はないのだろうし、孫がかわいいからの発言だったとは思う。が、オムツも紙おむつなんて言語道断であり、布おむつを使いなさいと言われ反論する余地はなかった。布おむつは濡れるとすぐ替えないといけないし、おむつカバーもしょっちゅう洗わないといけない。初めての育児はこの『お乳は出てるの?』攻撃と布おむつで格段に大変になってしまった。

転職したばかりで疲れている夫に悪いし、と
育児はかなりの部分を一人でがんばったと思う

方や私の母は長男が生まれた翌日退院してきた私に電話をかけてきて、「今日から毎日電話するわね。いいわね〜、赤ちゃんって全部が新品でかわいいでしょ?ばばと違って。」とコロコロ笑うだけだった。不安神経症の父はこちらにストレスを与える発言ばかりするが、母は生来のポジティブ思考と明るい性格のおかげで、あそこまでの障害を乗り越えて生きてきたのだ。母乳が足りないのではないか、という心配はしない。


里帰りした時(1986年)の写真、長男を抱いているのは姉
この頃は毎年1ヶ月前後実家に滞在していた(この年だけは2回帰国)

今回ヒロが生まれたあと、親子の間での境界線について考えることが多かった。親子の間でも境界線はあり、そこを超えてはいけないのだ。そのことを少しずつ書いていきたい。


猫との境界線も考えてね

2 件のコメント:

  1. ヒロくん 可愛い〜〜
    赤ちゃんて両手を上げて寝るんですよね〜。
    mikimieさんも新米ママさんの写真は高校生がお手伝いしているようですよ。

    私も同じくあまり母乳が出ない派でした。お気持ちよく分かります。母乳の出る方には多分わからない切なさだと思います。

    mikimieさんのお母様は本当に素敵な方。私も見習わなければ!!!




    返信削除
    返信
    1. みーさん、
      ありがとうございます!そうですね。あまりによく寝るので、ヒロの目を開けた写真ってなかなか撮れないぐらいですよ。今から思えば長男が生まれた時は、子供が子供を産んだようなものだったなあ、と思います。今でも長男がお腹をすかせていたのか、と思い出して切なくなります。みーさんも同じような切なさがあったんですね。

      はい、母は本当に明るい人でした。だから、理不尽なことを言い募る父から守るために私も姉も苦労したものです。なのに、母は最期まで自分が死んだあとの父のことを心配しては泣いていました。夫婦って不思議な関係ですよね〜

      削除