2017年6月21日水曜日

そして一年後

一年前の今頃、父の魂の抜けた体は階下に横たわっていた。まだ斎場での父とのお別れがある、一番苦しくつらい時が待っているのだと思うと気が重かった。

昨日の京都は33度あり暑かった
これは四条大橋から南を見たところ
右側に川床が並んでいる

2010年9月27日、父は母とのお別れをしに斎場に行かなかった。スーツを着て、家の前で母の乗った車に敬礼してお別れしたのだった。とても斎場で見送る勇気がなかったのだろう。斎場でのお別れ以上に悲しい瞬間があるとは思えない。365日前の今頃、父とのあのお別れの儀式の時の、気も狂わんばかりのつらさはまだ経験してなかったのだなあ、と思う。

最期の日々父が何度も何度も体の上で引っ張っていた
毛布は父の写真と手紙と共にサンノゼに保管している

姉も私もまだまだ父の最期の数日を思い出しては後悔する。介護休暇を取れば良かった、アプの方を優先してしまった、などと姉が言う。私は勿論アメリカからもっと早く帰るべきだった、父が顎呼吸をし始めたのをもっとしっかり見極めるべきだった、あの時寝てしまうんじゃなかった、などと思う。

2階にあるアプの部屋で私がテレビを身始めると、
すぐ隣に来てひっくり返り、腹を撫でろと無言の要求をするアプ

でも、悲しみが癒えてきているのも事実だ。愛する存在といえど親の介護は重苦しい問題であり、その介護の心配がなくなったことで正直ホッとしている。こうして時間が経つにつれて、心が回復していくのも感じる。

父はリビングルームのこの場所で
小さな椅子に座り外を眺めていたものだ

あの斎場で慟哭した日から一年たった今、両親のいなくなった実家をステージングして売ることも考えられるようになった。

現時点ではアプの運動場兼洗濯干し場としてステージングしてあります

4 件のコメント:

  1. 一周忌でお帰りだったのですね。時とともに苦しいほどの悲しみが徐々に癒されますよう。
    暑さにお気を付けて。

    返信削除
    返信
    1. 美知子さん、
      ありがとうございます。今朝も父のことを思い出して姉と泣きました。やはり後悔ばかりです。でも、いずれ楽しかったことだけを思い出すようになりたいですね。
      京都は今日の最高気温が31度ですが、サンノゼはかなり暑いみたいですよ。一昨日の夜は長時間停電していたようです。日本では停電って災害時にしかありませんが、アメリカはすぐ停電しますね〜。

      削除
  2. お父様の1周忌で日本へ帰省されていたこと心中お察しします。同じアメリカに長年住むものとして共感することが多いです。最善を尽くしていてもやはり愛する親を亡くしたあとには悔やまれることもあるのでしょう。歳月が癒してくれることを思います。お体にきをつけて。

    返信削除
    返信
    1. ケイさん、
      ありがとうございます。そうですね。やはり1年たっても毎日のように父のことを思い出して涙です。東京では泉岳寺にお参りしました。父が赤穂の出身なのでなんとなく父を弔うことになるような気がして。
      やはり最後に美味しいものを食べさせてあげられなかったのが一番悔やまれます。父は美味しいものを買うには娘たちにお金を使わせる、と我慢していたんですね。親は子供のためには我慢するものなんですね〜。
      ケイさんの日米往復応援していますよ!

      削除