2016年4月30日土曜日

猫と孫

山歩き仲間に次々と孫が生まれ、孫の話で会話がはずむ。

孫とはかわいいものらしい。が、実感は湧いてこない。もちろんまだ孫がいないのだから、実感が湧くはずがないのだが、できればもう数年はほしくないというのが正直な気持ちだ。

長男はもうほとんど30歳だ。日本ではおじさんと呼ばれることもあるだろう。それでも親にとってはかわいいかわいい子供だ。もちろん次男だってそうだ。そんなかわいい息子たちの子供なのだ。かわいくないはずがないのだろう。

が、もう少し『手のかかる子供がいない母の時代』を楽しみたい。次男は結婚しているのだし、子供ができてもおかしくはない。子供ができたら母親に時々子守を頼みたい、と思っているようだ。が、孫よりは京都のお寺を見に行ったり、東京の街をお散歩したり、友人とおしゃべりしたり、カフェでぼーっと座っていたい。

孫なんて興味ない!

と思っていたのに、その自信が揺らいできた。次男とマリーが飼い始めた猫の存在が、自信を揺り動かしているのだ。毎日のように次男やマリーが猫Idleの写真を送ってくる。それを1日に何度も見てしまう。ビデオも繰り返して見る。



いつも誰かのそばにくっついているらしい

SFジャイアンツの試合後花火が上がり、その音に怯えて隠れている

とにかく頭を撫でられるのが大好き

仕事から帰った次男のお腹の上で寝ている

鳴き声がまたなんともかわいい(もしかしたら他の人にはうるさいだけ?)

video

ほら、まだ会ってもいない猫にメロメロになっているではないか。息子の猫というだけで最初からボーナス点を与えてしまっているのだろう。そして、これはもしかして『マゴ』という代物に通じるものがあるのだろうか。孫なんかいらない、と言っているくせに、実際孫が生まれたらオモチャなどを買いまくるのだろうか。

そんなことはない!絶対にない!!

多分