2016年2月20日土曜日

2文字

『結婚』という2文字は重い意味を持つ。それは『恋愛』ではなく『遊び』でもない。それは『家庭』での『生活』であり、その家庭を『安住』の場にするために、夫婦は『鍛錬』『修行』を重ねる。恋愛感情がなくなったあと、夫婦にとって相手の存在が『空気』になればまだいいが、『苦痛』あるいは『拷問』になるところもあるだろう。

次男が結婚する前『その結婚待った!』と何度も思ったが、次男は結婚したのだ。それなら二人が一緒に成熟していき、『幸せ』な家庭を作ってほしいと思うのは親なら当たり前だろう。

シェード取り付けの日にCalTrainでサンフランシスコに行ったと書いた。行くとその日のうちに帰るのももったいないし疲れるし、と一泊してくる。そもそも1LDKを探していた時、次男が提案したのだ。家族が毎週遊びに来れるように2LDKにして、いずれは私と夫が老後ここでリタイヤしたら?と。だから2LDKを買った。それでも、やはり新婚家庭の邪魔をしている、という意識に苛まれるので再来週以降あまりマンションには行かないようにするつもり。

とにかく、二人が仕事から帰宅すると、私はなるべくベッドルームにこもるようにするのだが、やはりどうしても次男とマリーの様子がよく見えてくる。

ラーメンを仲睦まじく食べる二人
結婚後髪を耳の下で切ったマリー

見えてくると、やはり問題も目につき『これで、二人一生を共にできるのか?』と不安になる。だが、それでは典型的な嫁姑不仲につながってしまう。今は子離れする時なのだ。自分の子供だって短所はいっぱいあるはずだ。だから、二人が結婚生活によって違う文化を『融合』し、『我慢』を学びながら『成長』していかせればいい。自分の子供がかわいそう、と子供かわいい目線でばかり見ると、成長をはばんでしまう。

だから、昨日次男とマリーが仕事のあと、うちに来た時も二人の険悪な雰囲気には介入したくなかった。二人は我が家に残っているマリーの荷物を整理して、マンションに持って行くために帰ってきたのだ。でも、二人は一切口をきかない。

マリーの好物の小型コロッケ、また作りましたよ
しばらくして、マリーが私のところに来て泣く。喧嘩の原因をしゃくりあげながら私に訴える。次男が自分の職場に迎えに来てくれた時、自分が大声で個人的な話を次男にした。次男は職場の皆がいるところで個人的な話はしたくない、と怒った。皆と言ったって同僚と掃除夫さんだけしかいなかったのに、とその時の状況を話してくれるのだが、実際の様子はよくわからない。

一人で夕食をとるマリーの背中を見ると
いじらしく感じる

が、なんとなく次男の怒った理由も察することができる。働き始めたばかりのマリーは、職場での常識がしっかり理解できていない、ということもありうる。

あかんあかん、またここで次男よりに考えてしまう。

が、ファミリールームのソファで一晩寝るという次男に
風邪ひかないか、疲れないかと心配になる
結婚生活に介入してはいけない。二人で解決していってほしい。子離れするのだ。成長させるのだ。

姑として言いたい2文字はただ一つ。

いつ?