2016年2月2日火曜日

それはある日突然訪れる

父は一緒にいる間中何かしゃべっている。が、唇も舌もちゃんと動いていない。だから聞き取るのがむずかしく、何を言っているかは半分以上推測しないといけなくなった。そんな父をホームに置いて日本を出るのは本当につらい。

スーパーで買って持って行ってあげるぜんざいは、
毎日自分で食べられる


でも、夫、長男、次男、マリーと4人が毎日食事の支度をするのも大変だろうなと思うと、やっぱり1ヶ月以上は日本にいられない。大人になっているのに、子供は子供なのだ。目の前にいる限りいつまでも気になる。だから今日1ヶ月ぶりに我が家に帰ってきた。

帰りは夜の便なので比較的楽

次男とマリーは2月4日にマンションに引っ越すが、まだ長男がいる。29歳なのにやっぱり気になる。仕事から帰って食事の支度をする元気はないだろうし、一体何を毎日食べているのか。冷蔵庫の中にはこんな食べ物が入っていた。

チキン照り焼き、チキンのから揚げ、チキン丼、塩鮭、
とんかつサンドが冷蔵庫にはいっていた
野菜ナシ
やはり主婦も娘もいない家は、食事作りをする人もいず留守にしにくい。かといって父のことも放ってはおけないし。しばらくはまだこの日米往復が続きそうだ。

サンフランシスコのマンションの内覧会も終わった
次男は今週仕事を休んで引越しの準備をする
と思っていたら、突然ニュースが入った。長男が家を出ます、という。ガールフレンドが母と二人で住む家に引っ越すそうだ。それも今週中には出ると言う。準備ができたらガールフレンドと二人でアパートを借りて住み、結婚の方向で考えるそうだ。急にこの家は空の巣になるのだ。

考えてみると子育ての期間なんてあっという間だ

息子たちは仕事もしているし、一人は結婚しもう一人も結婚間近なのにやはり寂しい。突然知らされるとショックなものなのだろう。

いや、今日はもっとショックなことがあった。1月31日24時をもってユナイテッド航空のゴールド会員からシルバー会員に降格してしまったのだ。

そして来年は平民・・・