2016年1月19日火曜日

美少女

また火曜日が来た。わいわい広場の日だ。今回の滞在では父が問題を起こすでもなく、補聴器の混乱もなく、穏やかな日々が続いた。父が唯一楽しみにしているわいわい広場に車椅子を押して行った。

2年前の父は車椅子どころかスタスタと早足で歩いて行っていたのだ。今は気力も随分減退しているし、以前のように自分が一番、というような態度も取らない。父がホームのイチローだったのはほんの2年半前なのに。

2年半前とは大違い

以前は45分のイベントの間にも、父は『おーい、ちょっと来てくれぇ。』とまるで殿様のように私を偉そうな態度で呼びつけていたのに、今は大人しくしている。呼びつけられていた時は憎たらしいなあ、と感じていたが、今はそんな父を見てかわいそうになる。父に対してはいつもいつも同じ感情を持つ。うるさいなあ、憎たらしいなあ、という気持ちと、かわいそうに、という気持ちと。

イベントの前にこのボール30個分の空気を入れてあげた
結構重労働

父を部屋に連れて帰ったあと30分ほど話して、11時40分の電車で京都駅に出ることにした。とにかく、最近は出かけたらただでは帰りませんよ、という気持ちがいつもある。だから今日は新大阪までご飯を食べに行くことにした。新大阪には乗り換えで行ったことがあるだけで、駅構内は全くわからない。どうも京都と違って新大阪は大都会のようだ。新幹線のホームだけでもいくつもある。

京都は上りと下りのホームが4つあるだけ

そして駅構内のレストランもものすごい数だ。やっと比較的すいているお店を発見。少し待っただけで席に案内されたのは蕎麦弦というお店。すいているのにめちゃくちゃうまい!おいしい、というよりもうまい!そして900円というすばらしいコスパ。さすが大阪。

たこ焼きとお好み焼きを食べたかったが、
さすがに一人でお店に入る勇気なし

このランチを食べながらわいわい広場のことを思い出した。今日は30人ぐらい参加していて大盛況だった。半分は入居者、あとの半分はデイサービスに来ている人たちだと思う。デイの人たちは70代ぐらいだろうか。中に一人素敵な女性がいた。小柄で洋服もちょっとおしゃれで上品な感じ。ホームでも高齢者の男女に恋が生まれるらしいが、モテるのはああいう女性なんだろうなあと思う。

自分のつらい恋を思い出した。高2の時Yぶき君という一年上の男の子がいた。このYぶき君は物静かな美青年だったが、女の子たちは皆この人に憧れていた。Yぶき君が教室から出て来ると、廊下から彼を見ていた女の子たちがサーッとYぶき君のためにわきに寄って道を作る。まるでモーゼが手を挙げて海が割れたようだ。

京都に帰ってきた時は雪が降っていた

太った私なんかYぶき君の目に留まるはずもない、と思いながらも一縷の望みは持ってしまう。Yぶき君がいるから毎朝学校に行くのが楽しみだった。だが、その秋の文化祭の日は暗黒の日となった。写真部のYぶき君が発表した写真を見て全てを理解した。写真は同級生Sちゃんのポートレートだった。そしてその写真の下には題名があった。その題名は『美少女』。

Sちゃんは身長が145センチぐらいで私より20センチは低いのだ。つまり、165センチ以上ある私にはチャンスは皆無ということだ。Yぶき君は145センチの小さな美少女Sちゃんが好きだったのだ。

そうなのだ。男性が好きなのはSちゃんのような小柄なかわいい女性だ。いずれ夫が死んだあと一人でホームに入居した私は、またがっかりするかもしれない。第二のYぶき君、いやYぶき老人は小柄な美老女にしか興味ないのだ。そうに決まっている。

しかしそこまで考えますかね、普通