2015年11月1日日曜日

Bridezilla (ブライドジラ)

30年通っている歯医者さんで、次男の結婚式が近づいているということを話したら、花嫁はBridezilla?と聞かれた。聞いたことがない言葉だったが、一瞬のうちに理解できた。つまり、花嫁ゴジラという意味だ。

二人は結婚式の準備よりも、のんきに写真を撮ったりしている

日本でもウェディングハイと言われるが、結婚が決まった女性の中には一生に一度のイベントだから、とまるで地球が自分を中心に回り始めたようにふるまう人もいる。夫になる人の意向よりも、自分のことが優先してしまうのだ。だから最高の結婚式を、と大金を使う。

結婚式に大金を使ったカップルほど離婚率が高いんだって、と長男が言う。

さて、次男とマリーの結婚式だ。あの二人は計画するということが下手なのか、結婚式を甘く見ているのか。マリーがBridezillaではないのは良かったのだが、あまりにも何も計画していない。子供の結婚式は私にとっても初体験で、ここに来て焦りを感じ始めた。

それでも結婚式まで1ヶ月を切った今日、やっと次男が動き始めた。

結婚式はこの東屋の前で行われる

花嫁はこのゲートから入場

なにしろ、次男とマリーは結婚式を何時から始めるかも決めていない。つまり、招待客に招待状も出していないのだ。簡単なテキストメッセージを送ることですませるつもりらしい。テキストメッセージというのは、LINEメッセージのようなものだ。

とにかく何かを決めるにも、次男はマリーにお伺いを立てている。

仕方ない。アメリカで日々使われるフレーズに"Happy Wife, Happy Life"というものがある。奥さんがハッピーなら、あなたの人生はハッピーなものになります、という男性に対する心構えの言葉だというか。

マリーがWifezilla(ワイフジラ)にならないことを願うのみ