2015年11月4日水曜日

結婚式の費用

さて、やっと次男とマリーが結婚式の準備をし始めた。土曜日はウェディングドレスのフィッティングのあと、マリー母と姉、マリー、次男、私とで日程表を作った。そもそも結婚式は何時から始めるつもりなのか。招待状も出していない二人なのだ。

日本で買ってきたアンテプリマのネックレスとイヤリング
2万6千円

日程はこうだ。

11月25日(水)
ブライズメイド4人とグルームズマン4人、つまり花嫁と花婿の付添人8人と次男、マリーの10人がマリーの家に集まって顔合わせ。パーティ。

11月26日(木)
我が家でサンクスギビングパーティ。しかし、考えれば考えるほどこれは無理なのではないか、と思い始める。結婚式の前にターキーを焼いたりする気力はあるのだろうか。

11月27日(金)
3時から結婚式のリハーサル。5時から我が家でリハーサル後の食事会。

11月28日( 土)
結婚式当日。女性陣はマリーの家に10時集合。そこで着替えて用意する。私がランチを用意して配達。男性陣は我が家に午後1時集合。夫がランチを用意する。

2時に結婚式が行われるW家集合。2時15分からW家の裏庭で式。2時45分までに式が終わり、それから景色のいい場所に移動して写真撮影。

W家の庭にある東屋は花で飾る。これは花嫁のブーケなどを作る花屋さんが担当。これが500ドル。W家へのお礼はいくらにするか検討中。

DSWという巨大な靴屋さんでコールハーンの靴を買う次男
150ドル

結婚式の晩次男とマリーはサンフランシスコのホテルに泊まる(予約もまだらしい)。翌日11月29日は早朝の6時から二人だけの写真撮影。写真家は友人。彼は数千ドルの料金を800ドルにしてくれる。相場は2千ドルから6千ドルぐらいらしい。

ケーキはマリーの友人が作る。この前試食させてもらったがとびきり美味なケーキだった。これが200ドル。


タキシードをレンタルする予定だったが、
結局Hugo Bossのスーツを買う
1300ドル


マリーのウェディングドレスは2500ドル。靴は700ドル。ベストマンへのギフトの腕時計が300ドル。彼の飛行機代の援助500ドル。他にもキャンドルなどのいろんなデコレーションの費用もある。日本での結婚式は600万円ぐらい、とよく聞くから比べモノにならないぐらい安いのだろうが、それでも費用はどんどんかさんでいく。それが怖い。

が、何よりもストレスなのは、披露宴をどうするかということだ。あと3週間ちょっとしかないのに。早く決めてくれ〜。何故この二人は何もかも、ぎりぎりまで手をつけないのだ。口出しはしたくないが、黙って見ているのも胃が痛くなる。

ま、人のことは言えませんがね。

まだ裾直しをしていないドレス