2015年9月9日水曜日

続・ドレスショッピング

またまた今朝もドレスが届いた。Saks Fifth Avenueというデパートで80%オフセール、Bloomingdaleというデパートでも次々と買った。オンラインでしか買えないので、お店で着比べることができないのが残念だが、仕方ない。

一枚目はNordstromから


ブログを読んでくれたSさんから、「あれどうするの?全部返すの?」とごもっともな質問を受けた。

まず、1枚目ピンクは返品完了。グレーのボンレスハム状態だった200ドルのマックスマーラは姉が引き取る。姉はこれに何か合わせて結婚式に臨む。

これが2枚目ボンレスハム


同じ200ドルのマックスマーラ紫は私がほしくないなら友人Yがほしいということだ。

3枚目の紫


しかし、11月21日に息子の結婚式を控えたYも次々に注文しては、どれにするかと悩んでいる。Saksは30日以内に返品するのがルール、送料をひいた金額が払い戻される。商品が送られて来る時に、箱には返品用の箱に貼るラベルも入っている。お店に持って行って返品する場合は全額返金。

このラベルを箱に貼って郵便局に落とすだけ

Bloomingdaleは返品期限なし。送り返すのも無料。Nordstromも同じ。だから延々と悩む。私は来週日本に向けて出発するので、それまでに決めたい。15日に届く予定の赤いドレスも気になるのだが。

今朝届いたのはほんのちょっとだけピンクがかった白に大きな花の柄のあるシルクドレス。胸が大きく開いているので、上に黒いタンクトップを合わせるのはどうだろう。11月なので、その上に分厚いストール(アメリカではwrapと呼ばれる)。

歩くと足がかなり露わになる。ここはカリフォルニアだ。どこが悪い!

胸はボカシを入れておきました、はい

この歩くとヒラヒラとフリルが揺れるドレス、若作りと言われようとお姫さま心が刺激されるのなんの。今はこのドレスに大きく気持ちが傾いている。

年取っても女はお姫さまでいたいのだ。

オシメさまになるまでは