2015年8月26日水曜日

その結婚、待った! 1/4

9月4日でマリーのインターンとしての契約期間である3ヶ月が終わる。その際正社員として年収4万から5万ドルで雇用されるかも?と期待していたのだが、叶わなかった。つまり来週の金曜日で失業することが決まったわけだ。

結婚後自分が生活費を負担し、マリーが学生ローンを毎月2000ドルずつ返済するというのが、次男の計画だった。正確には84000ドルのローン。そのうち8000ドルはマリーが以前から貯めていたお金と、インターンをして貯めたお金で先月返済した。残りは76000ドル。そのうち44000ドル分には7%の利子がつく。まずそれを一刻も早く返済しなければならない。

マリーが毎月2000ドルずつ返済すれば、2年で48000ドルが返済できる。だがその時点で、残りのローンは28000ドル(76000−48000)ではない。なぜなら毎月利子がついてローンは増え続けているわけだから。学生ローンはアメリカでも大きな問題になっている、まるでサラ金で抱えた借金のような利子が利子を生む負債だ。これを簡単にするために3万ドルローンと呼ぼう。

3万ドルローンの方は、利子が3%ぐらいなので、これは急いで返済する必要はない。預金から得る利子率の方が高いからだ。お金はローンに充てるよりは預金し、少しずつ返済すればいい。マンハッタンで公認会計士をしているマリーの伯父さんに相談したところ、3%の利子は心配するな、それは時間をかけて返済していけばいい、と次男の考えていることと同意見だった。

ところが、その計画はマリーが失業することでおじゃんになった。仕事は見つかるのか。

次男は一気にストレスを抱えた顔をしている。今年末から始まるサンフランシスコでの生活。家賃も含めた生活費を自分一人で全てまかなえるのか。考えた末、まずワインを売ることにしたと言う。去年ナパバレーに行った時買ったワインを、サンフランシスコにあるワイン専用倉庫に預けてある。まずはそれを売ることにした。Craig's List(家、車、ペット、家庭教師レッスンなどなど、あらゆるものを売買するサイト)に『ワイン売ります』と広告を出した。なんと1時間後には買い手がついたのだ。買った時の金額で引き取ってくれるそうだ。その金額は7500ドル。

今年の始め、サウサリートに連れて行った時も
ワインのお店に興味を持った次男とマリー


ということは100本ぐらい売ったのか?では、引き渡しのお手伝いをしに一緒にサンフランシスコに行きましょう、と夫と私は『自分一人でできる。』といやがる次男に申し出た。そもそも暗い倉庫で見知らぬ人間と、7500ドルもの現金取引など一人でしてほしくない。(一応次男は買い手のことはオンラインで調べていたらしい。)

ところが売ったワインはたったの3本だと言うではないか。つまり1本2500ドルだということ。これにはたまげた。次男は投資のために買ったのだそうだ。いずれ1万ドルになるはずのワインなのだと言う。ここ数年カリフォルニアでは干ばつが続いているが、干ばつの年のワインは甘くておいしい。大儲けを夢見て買ったらしいこのワインには買い手が殺到して、正価の1000ドルで買うには20年待ちのリストができている(次男は2500ドルで買った)。しかし、どんな理由にしてもそういう大金をかけて一攫千金を狙うなんてバカじゃないのか?

倉庫までの道中、値段が上がるのがわかってるんだから売らなきゃいいのに、とマリーがずっと怒っている。その一方、私は次男がこのワインを手放すことに大きな安堵感を覚えていた。今後こんな馬鹿なことは二度としてほしくない。

いつも歩きに行く山道に倒れた大木

『今晩飲むために買いました。』という買い手に無事引き渡しもすんで、現金をすぐそばの銀行で入金し、一件落着である。この二人、大丈夫なのだろうか。結婚していいのか?余りにも幼いのではないだろうか。子供なんか当分作るなよ、と心の中で祈る。

続く(今日から連続4日間)。

ワインを買ってくれた人が来るまで倉庫でバレーボールで遊ぶ二人
大丈夫なのか?この結婚・・・