2015年6月4日木曜日

京都の市街地を歩く

今日あることにハッと気がついた。想定外のことだったので、今まで気がつかなかったのだ。それは何か。

いつの間にか自分がまた『太りやすい身体』になっていたことに気がついたのだ。いや、この数ヶ月太ったなあというのは感じていた。が、突然その理由がはっきりしたのだ。

これは4月末
この時よりもっと太った

2007年のクリスマスプレゼントにiPhoneをもらった。すぐ大好きな音楽のプレイリストを作り、毎日飽きずに聴きながら近所を歩いた。その日まで一切の運動はしていなかったのに、音楽を聴きながらだといくらでも歩ける。急勾配の坂を含んだ散歩コースを5キロ以上歩いた。心拍数の跳ね上がるような急勾配だったので、3ヶ月で脂肪が落ちた。洋服のサイズは10号から4号になるほどだった。

その後お医者さんに行くと、足の筋肉がすごい!と必ずびっくりされるようになった。体重はどんどん減り、遂に10キロ以上痩せた。何を食べても太らない身体になったようだ。なにしろ歩くのが楽しくて仕方ない。雨の日も傘をさして歩いた。

ところがその急勾配の坂道は歩行者禁止地区になってしまった。突然歩きに興味を失ってしまう。それでも去年まではまだ筋肉が残っていたのだろう。食べ物に気をつけなくても太らなかった。

今日の朝食
朝からお味噌汁を食べる日が来ようとは
想定外

安心しきっていた。食べると太るということは想定外だったのだ。ところが、今は筋肉が全くなくなったのだろう。食べるとそのまま脂肪になるようだ。ふと気がつくと去年の今頃に比べて2キロ太っている。筋肉がついていた頃は寝転んでいても代謝していた身体が、今は効率の悪い脂肪ばかりになってしまったようだ。足も冷えるようになった。

だから、日本にいる次の1ヶ月で歩き癖をつけて、少しでも筋肉をつけることにしようではないか。間食をやめるのだ。糖質も大幅にカットする。夕食は炭水化物を摂らないことにしよう。

今日はなんともさわやかなお天気。まずは父の補聴器を四条烏丸にある補聴器センターに持って行って、クリーニングをしてもらおう。一度にダイエットをするのもストレスがたまるので、ランチは上島珈琲に行ってサンドイッチを食べる。そのあと歩くのだ。サンドイッチはすばらしくおいしいとは言えないが、まあ悪くはない。これは想定範囲内だろう。

パストラミサンドイッチ、ごぼうサラダ、
フロマージュ、コーヒーで1080円

いつも親切な補聴器センターの店員さんにクリーニングを頼む。父が聞こえにくいと言うのは、補聴器が汚れているというよりも、父の認知症の問題なのだと思う。やはり店員さんにはあまり汚れていないと言われる。想定内だ。乾燥剤をもらったあと、烏丸通りを北に向かって歩くことにした。

半年に一度持って行ってきれいにしてもらう
補聴器センターは錦通りにある。四条通の1本北だ。


にしき
毎回市街地を歩く時は京の通り歌を頭の中で歌いながら歩く。今日は四条通から御池通まで歩いて地下鉄に乗るつもりなので、まるたけえびすにおしおいけ、あねさんろっかくたこにしき、しあやぶったか・・・の『し』から反対に進んで行くことになる。

錦通りを出て最初の通りは蛸薬師通。

たこ

六角通。

ろっかく

三条通。


さん

姉小路通。

あね

御池通。

おいけ


ここで烏丸御池を右方向、つまり東に曲がる。

ここからの通り歌は記憶していない。

車屋町通(くるまやちょう)

東洞院通(ひがしのとういん)


間之町通(あいのまち)

高倉通 
堺町通

柳馬場通(やなぎのばんば) 


富小路通(とみのこうじ)

麸屋町通(ふやちょう)

御幸町通(ごこうまち)

ここでいつも地下鉄に乗る。駅名は市役所前。つまり京都は碁盤目になっているから、次に何通(なにどおり)が来るか予想できる。だから、あと何本目の道を過ぎれば目的地に着くと予想できる。

いつも行くカフェの前はきれいな紫陽花が咲いている。春の桜、初夏の紫陽花、秋の紅葉とこの辺りは電信柱もなく、季節の花が楽しめる。カフェと言えばどうしてもこの辺りに来てしまう。道に迷うことがないからだ。年を取ると想定内の動きをするのが楽なのだ。

御池通南側は白い紫陽花がきれいだった

カフェ進々堂前

花が咲き乱れている

ランチも食べたところだしきれいな紫陽花も見られたし、さあ帰ることにしよう、と思ったのに・・・

予定外