2015年4月2日木曜日

和室の壁

空港宅急便の集荷があるので、今日も朝から荷造り。入れては出し入れては出し、の繰り返しで毎回ここでかなり疲労困憊する。こちらに来た時も疲れ切ってしまい、目の下が真っ赤になった状態で飛行機に乗ったのだった。どうしてこんなことでここまで疲労するのか、根本的な生活を見直さないといけないのではないか、と思うのもいつものこと。(見直しても実行しないのもいつものこと。)

送る荷物2つ、スーツケースとカバンがパンパン

さて、京都の実家はかなり修理がすんだ。あと残っているのは、和室と玄関の壁の修理。珪藻土を塗り直してもらわないといけないのだが、業者さんと全体の監督を勤めている建築士のIさんによれば、壁はとてもちゃんと作ってあるので、表面だけの修理ですみそうということだ。ちゃんと石膏が使ってあるので大丈夫、と。しかし、素人がそんなことを言われても何がなんだか全くわからない。

こういう具合にあちこちの角の土壁が落ちている

色はここから選ぶのだが、それがなかなかむずかしい

外壁もちゃんと作ってあるので、塗装は簡単バージョンですむそうだ。外壁塗装が84万円。和室と玄関の壁修理は私が次回来日する5月下旬にすることになった。近いうちに見積り額だけは出してくれるそうだ。

これは玄関、あちこちにひび割れがある
ここも修理すべきかどうか悩ましい

ふすまも新しく作り直す必要がある。廊下から和室に入る引き戸は外側が木目調、内側がふすまなのだが、これと同じものを作るのは高いそうなので、内外ともふすまにしてもらうことにした。見本が持ち込まれる。

内側(和室側)はふすま

外側(廊下側)は木目調

全体的な監督をしてくれる人がいないと、こういう修理は大変だと思う。建築士のIさんが送ってくれる業者さんはどの人も感じがいいし、コストも良心的だ。Iさんは年齢も私と同じぐらいだし、私のことはファーストネームで呼び、姉のことは『おねえさん』と呼ぶ。だから話しやすい。お茶も出さない私たち姉妹に親切にしてくれるので感謝している。

でも、Iさんとは決定的に合わないところもある。

内装の趣味(やっぱり)