2015年2月12日木曜日

K病院

1月1日から主治医を変えた。今まではMoutain Viewという市にある病院に行っていたが、今年からはK病院に変えたのだ。マンモス病院なので、予約確認Eメールには『駐車し診察室まで歩く時間を30分予定しておくことをお勧めします』とある。

K病院

変えた理由は今までのM病院に比べると、家からK病院までの距離が半分なのと、医療保険がずっと安くなるからだ。M病院だと夫と私の保険料は月額$378。K病院だと$242。年間$1,632の差額になる。これは大きい。

とにかく歩く

K病院はLove or Hateと言われる病院で、評価は真っ二つに分かれる。が、先週初めて行った時の印象は上々だった。お医者さん、看護師さん、清潔感、 処方薬センターと文句なし。待ち時間も殆どない。何しろ巨大な病院で駐車場から病院の玄関まで、そして玄関から診察室まで歩くだけで、今日のエクササイズのノルマは果たしましたと言えそうだ。なのに、小さなところまで行き届いた親切な表示がしてある。

文句なしの施設

新患なので全ての検査をしましょう、ということになりまず先週は30分かけてお医者さんと話したあと血液検査、その後マモグラフィを撮る。今週は婦人科検診、来週は眼科検診とどんどん検査を勧められる。そしてそれは全て無料だ。


お医者さんのステーション

今のところK病院に変えてよかった〜、という感想だった。ところが昨日帰宅したら留守番電話にメッセージが入っている。XXさん(フルネームで)、K病院ですが折り返しお電話ください、ということだ。すんだばかりの婦人科検診結果についてだろうか、と思うと電話したくない。

診察台
それでも1ヶ月後の次男とマリーとの日本行きに差し支えるような結果だと困るので、今朝残された電話番号にかけてみた。ところがこれがどこにもつながらない。何度かけてもつながらない。

仕方ないのでK病院の代表番号にかけてみるが、どんなに調べてもらっても電話をした記録がない、と言われる。そもそもその電話番号はK病院っぽい番号なんだけど似て非なるもので、K病院で使われている番号ではありませんね。電話で話した女性もすばらしく感じのいい対応で、ご迷惑かけてすみませんでした、と何度も謝ってくれる。発信元の番号は?と言われて調べてみた。電話に残っている番号をグーグルで検索してみる。

う〜む、なぜか中国語のサイトにつながる。翻訳機能をかけてみたが翻訳できません、とメッセージが出る。なんだか怪しい。

番号を検索して出た結果

中国語はチンプンカンプンだが、漢字を見ればなんとなく雰囲気はつかめる。それにしても発信元は中国らしいが、発信した人の性格までわかるのか?主人性格:独断独行、吸引人型ということだ。アンダーラインまで引いてあるということは、この性格部分が一番重要なのだろう。この人は独裁者でありながらスッポンのようにしつこい人らしい。

家庭:自立成家ということだ。そうか、この人は一応自立した人で一軒家を構えているのだろう。衣食も事足りているらしい。3才の時は健康で希望に満ち溢れていたが、それからどうも不遇らしい。野心も旺盛だったのに商売がうまくいかなくなったから、人をだますようなことをし始めたのだろうか。なんとなく同情してしまいそうだ。

しかし、共産国といえどそこまでの個人情報を皆で共有する、ということもないだろう。これは発信元の情報ではないのかもしれない。

とにかく、K病院の評価は10から7ぐらいまで下がってしまった。個人情報が漏れているのではないか?セキュリティは大丈夫なのか?

いやいや、評価は10ではなかった。月曜日の検査後、駐車場が大きすぎて車を停めた場所がわからんかったではないか。駐車場を10分ほどウロウロして自分の車を探さないといけなかったのだ。評価を6に下げよう、とメモする。

自分の物忘れを棚に上げて