2015年2月4日水曜日

天然モーメント

アメリカでは一人カフェが大好きなのに、日本では長い間できなかった。第一に実家は田舎にあるので、カフェが近所にない。あるにはあるが、一人でぼーっとくつろぐ時間が持てる、という雰囲気のところではない。

ところが、最近は電車に乗ったりぶらぶら歩いてお寺に行き、その後カフェに行くということが好きになった。日本でもこうした時間が持てるようになったのは本当に良かった。父の世話ばかりでつらいと思っていた日本の滞在が、そんなにつらくなくなったようにも感じる。


出町柳にあるカフェMAKIのモーニング


窓際の席からは鴨川が見える


これは四条東桐院にある進々堂


京都駅新幹線構内のカフェKOTOのモーニング

こういう一人の時間は本当にくつろぐが、女同士でワイワイとおしゃべりをするのも大好きだ。やっぱり何年アメリカにいても、英語は母国語ではないので自分の思うようにはしゃべれない。だから、今日は山歩きをしながらH子さんとM子さんとノンストップで話せて大満足だった。M子さんは20年以上前からの知人だが、ほのぼのしたかわいらしい方だ。

H子さんはシリコンバレーに住むブロガーさんで、その穏やかで優しい人柄がにじみ出た『カリフォルニアのばあさんブログ』は読むとホッとする。

今日のシリコンバレー、少しもやっている


実際のH子さんの外見は『ばあさん、ちゃうやろ!』と言いたくなるほど、ブログから受けるイメージと違う。

ブログを読むと明らかに頭がいい方だとわかるのに、純真な童女のような方でもあるのだ。好奇心いっぱいのキラキラした目と、ブログそのままの人柄がにじみ出た優しい話し方は想像していた人物像そのままだ。そして、もう一つこの方のキャラクターを表す言葉があるとしたら『天然』だろう。

昔『天然』という言葉は『天然ボケ』とか『天然バカ』という使い方をされ、あまりいい意味を持たない言葉だった。が、今は違う。その人の言動があまりにも無邪気で周囲の人たちを明るい気持ちにさせる、というのが最近の定義だ。天衣無縫というか。

いい例が長嶋茂雄だろう。代打を送る時『代打!XX選手』とバントの格好をしたり(サプライズバントなのにそんな格好をして見せては、相手チームにバントしますよ〜と教えるようなものなのだ)、その天然ぶりで日本人に愛された。

H子さんも長嶋茂雄のようだ。「おうちからスーパーまで歩いて7分、ピーツまでも歩けるなんていいですねえ(H子さんのブログにそう書いてある)。」と言う私の顔をじっと見つめて「あらあ、いい所に住んでるのねえ。」とおっしゃる。「H子さんのおうちのことですよ。」と笑うと「あら、そうだったわね。」と納得される。

とにかくこういう『天然モーメント』とがとても多いのだ。心の中で「この人ちびちゃん(飼っていらっしゃる犬)のような人?」と何度も思ってしまった。こういう楽しいH子さんやM子さんと歩くので、フルコースと呼んでいる小高い丘の頂上までを含む2時間15分の山歩きがあっという間だ。

トレイルはこんな感じ

先週一緒に歩いたE子さんも、素敵な方だ。1ドルが360円の時代に日本から看護師になることを目指して渡米されたのだ。試験には見事合格して、40年以上看護師として働いたということ。

そういうガッツのある方の話がおもしろくないはずがない。これから一緒に歩きながら色々なお話を伺うのが本当に楽しみになってきた。


なのに帰り道は、
やはりピーツで一人カフェをしてしまうのでした