2015年2月15日日曜日

サウサリートにフェリーで行く

ちょっと暗い気分の3連休が始まった。ポジティブでいたいと思うが、今週末はとても重苦しい気分。家でじっとしているともっと暗い気持ちになるので、サウサリートに行くことにした。次男をサンフランシスコまで迎えに行く予定だったので、足を伸ばすことにしたのだ。

バレンタインデーなのだからマリーと二人だけで過ごすべきだろうと思いながらも、一緒に行くとなると嬉しい。ベイエリアには33年住んでいるし、サウサリートには何度か行ったがフェリーでは初めて。

予想最高気温は25度
自転車を載せた車が多い
左端の黒い車にも自転車が載っている

高速道路280

ここで高速を降りる

一番駐車しやすいと思うミッションガレージに向かう

これが朝10時半のミッションストリート

駐車スペースはまだよりどりみどり

駐車場の向かいはデパートBloomingdale

これが駐車場
しかし写真のクオリティ低過ぎ
ブログをするならちゃんとカメラを買おう

デパートに入ると地下に降りていくエスカレーターがある
地下にBARTという電車の駅がある

地上から入る駅の入り口はここ
Powel Street駅

改札口でClipper Cardを使って入場

駅の風景

あと一歩で電車をミスったが、次のはあと2分24秒で来ますと表示されている

電車の中

降りたのはEmbarcadero駅



向かいにある塔がフェリーの乗り場であるフェリービルディング

週末なのでファーマーズマーケット開催中
この男性は一心不乱に帽子を編んでいた

フェリービル
ここでアパートから歩いてくる次男とマリーと待ち合わせ

やはりサンフランシスコは朝から活気がある

フェリービルの中は大混雑

お正月の四条通のような混み方

11時半に次男たちと待ち合わせている
フェリーの出発時刻は12時

早く着いたのでブルーボトルコーヒーを飲むことにした
東京にも1軒目ができたと聞いていたので気になっていた

今大人気のブルーボトルコーヒーを待 つ人の行列で25分待つ

その間にもどんどん人が増える

レストランも多い

ブルーボトルコーヒーのメニュー

コーヒーは一杯ずついれてくれる

行列の後ろの男性が連れていた8歳のポメラニアン
目が見えないそうだがおとなしくてかわいい



ブルーボトルコーヒーのキッチン

$3.50プラスチップ$1で、カプチーノは$4.50
支払い時、チップ提案額が表示される
ちょっと高いような気もするが
はい、特別おいしいとも思いませんでした

次男たちが来ない
12時の乗船は無理とテキストメッセージが入る

これに乗ろうと思っていた

次の1時20分のフェリーに変更
外を歩いて時間を潰す


まだ来ない
日差しが暑くなってきた


ここは日本食のお店だが、以前食べてびっくりした
アメリカで初めて食べた本当の和食弁当

試食もさせてくれる
ひじき、きんぴら、いんげんの3種類から1つ選ぶ

きんぴらをもらった、おいしい

ほとんどの人が半袖


次男たちが現れたのは1時
前の晩友人たちと遅くまでゲームをして遊んでいたらしい


時間がないので結局お弁当を買った


次男とマリーは朝(でもないか)からおどろおどろしいものを食べている

フェリーもClipper Cardを使う
キャッシュでチケットを買うと$10
クリッパーカードだと$5.50
つまりクリッパーカードはPASMOのようなもの


ああ、やっと乗れる

フェリーに乗る行列
向こう側に見えるのはコイットタワー


フェリーの中
なかなか居心地が良い
これはベイブリッジ

コイットタワー

ダウンタウンが遠ざかっていく

これはゴールデンゲートブリッジ
下船、隣の列は乗る人たち
Yelpでお店を検索する次男
ジーンズがずり下がっとる!

サウサリートはかわいい街だ
サンフランシスコから車を運転しなくてもフェリーで来られることを発見して、
これからちょくちょく遊びに来たいと喜ぶ次男とマリー

ワインの試飲ができるお店に入る
ワインテイスティングは$12から


石を積んでバランスを取っているオブジェ


オープンテラスのレストランが多い

このところ話題になっている$33M(35億円ぐらい?)のヨットがたまたま目の前に

対岸のサンフランシスコがきれいに見える

帰りのフェリーのデッキから

やっとサンフランシスコに帰った
今日は暑さでばててしまった

写真をたくさん撮った1日。夕食を食べる元気もないほど疲れた。

今日のお役立ちグッズ
iPhoneの携帯充電器