2014年6月24日火曜日

ステント

夕べ啓示があった。シャワーのあとタオルで身体を拭いていた時だ。体外衝撃波破砕術治療の際はもしかして裸にガウン(そりゃそうでしょう)?などと考えながらバスルームの大きな鏡をぼんやりと見ていた時だ。

これがステント
治療のあと尿管ステントを5日間留置しておきます、と言われたのだった。尿管ステントというのはどこから入れるんだろう、という疑問が突然振って湧いてきたのだ。まあ、これは疑問であって啓示ではないが、余りにも突然だ。

ステント留置のことを言われた時は、膀胱炎のような症状になるのがいやだなあ、と思った。が、ステントをどこから入れるのか、ということは考えてもみなかった。おへそから入れるわけではあるまい。勿論鼻の穴からでもないだろう。

洋服を着たあとパソコンで調べてみた。尿管ステントの入れ方、なんて検索したりして。しかし、はっきりとは書いてない。動画はあった。

つまり常識なのだろう。ここ30年間女医さんにしか診察してもらっていないから、男性医師に処置されることを考えただけで青ざめる。

友人Yに言うと、「あのねえ、そんなの医者にとってはただの『モノ』、『モノ』なんだから大丈夫。気にしない。」ということだ。そりゃそうなんだけど、こっ恥ずかしい。

Yの庭でできたプラム
激甘

う〜ん、う〜ん。

いつも行く病院
手術準備室がいくつか並んでいる

やっぱり全身麻酔で良かった。