2014年6月26日木曜日

五臓六腑

昨日の『手術』後は楽勝、楽勝〜と思っていたが、夕方4時頃から痛みが始まった。鈍痛だ。この前の水腎症の時の痛みに似ている。トイレにもひっきりなしに行きたい。行くと毎回血尿だ。お風呂に入ることで楽になるのだが、タイミング悪くwater heater(温水器)が壊れたので、ぬるいお湯しかない。

熱いお湯がないので
T-falで熱湯を作っていれた

今日も同じ症状が続いている上、朝から胃が痛い。日本にも早く行きたいのだが、今のこの状態ではフライトを予約するのも億劫だ。

このところ西洋医学を信用できなくなりつつある。どこか悪い所があると的を絞っての治療は西洋医学の分野だろう。でも、体全体を一つのものと見て体調を整えていくこという予防医学ではない。だから中国の医学とか日本の漢方にとても興味がある。


これは週末のサンフランシスコで見た
チャイナタウンの大道芸人
癒される?

video

中国の医学、中医学は身体の中の五臓六腑がちゃんと機能していることで、それぞれがお互いに影響し合ってバランスを取ると考えるらしい。だから、頭痛の原因は内臓に起因しているのではないか、と考えたり、足の冷えがめまいに影響を与えているのではないか、と考えたりする。

いつも行くこちらの病院でそんなことを訴えても、受け入れてもらえるものではない。中医学では腎臓結石なんかも手術に頼るのではなく、腎臓の反射区というつぼを抑えたりすることで、自然に排石することを試みたりするらしい。

でもこの辺りで中医学のお医者さんはいるのだろうか。納得できる整体治療を受けることはできるのだろうか。

わからない。
好きな中華のお店Chef Chu

だから、今週末はせめて中華料理を食べよう。