2014年6月25日水曜日

体外衝撃波結石破砕術治療が終わった

サンノゼの朝は寒い。まだ少し薄暗い中6時前に家を出て病院に行く。6時半チェックイン。今日は体外衝撃波破砕手術の日だ。待合室で待っていると看護師さんが来て、準備室に案内される。身長と体重を測ったあと、着ているものを全部脱いでガウンとソックスに着替えてください、と言われる。

病院1階の手術センター
「全部ですか?下着も?」と確認する。「全部。」と言われて観念する。その後髪の毛をシャワーキャップで包み、足には血圧計のベルトのようなチューブを巻かれる。1分おきぐらいにこれがふくらんだりへこんだり、足の血行でも促進しているのだろうか。点滴も始まり看護師さんが隣に座って、パソコンで情報を入力し始める。

準備室に案内される
気分はどうか、最後に飲食したのはいつか、飲酒、喫煙の習慣など。冗談を交えながら話したあと、温めてある毛布を2枚かけてくれて、看護師さん退場(退室というよりも、なんだか皆堂々と嬉しそうに、入場、退場!という感じ)。

次に麻酔医入場。60歳前後の女医さんだ。麻酔の手順、今まで麻酔をしたことがあるか、などの質問に答えて5分ほど談笑。「顎を上げてみて、下げてみて」と私が上下左右に動かすのをじっと見つめる。あなたよく動くわね、ストレッチしてるんでしょ、と笑う。はい、しています、とウソをつく。すこぶる感じのいい人だ。この人は手術中ずっと横にいるということ。退場。

次にドクターF入場。治療について、その後のケアの仕方など。治療中の放射能の被爆量について聞いてみた。レントゲンはほんの短時間撮影しながら、石の位置などを確認するだけだから、被爆量は少ないということ。

待合室のモニターで各患者の
状況が刻々とアップデートされる

7時半ピッタリに手術室にストレッチャーで連れて行かれた。ストレッチャーから隣の台に移動して寝転んだ途端に、意識がなくなる。次に目が覚めたのはストレッチャーの上で、時計を見ると8時半だった。その間の記憶は皆無。「もう終わったんですか。」と聞くと終わりましたよ〜、という返事。ウッソ〜、と思う。準備室にまた戻り、トイレに行く。血尿。

しばらく休んでいる間に、またトイレに行きたくなる。また血尿。その間ドクターFが待合室の夫に会って、「全てうまく行きました。石は粉々になっているはず。」などの説明があったらしい。5日後にドクターFの診断を受けておしまい。

とにかく全身麻酔はやはり楽だなあ、と思った。いつの間にか寝てしまい、気がついたら全てが終わっている。それも熟睡できたような爽快感。が、つらいのは頻尿。


ステントが入っているから、青い紐を引っ張らないようにね、と看護師さんから説明を受けたあと、車椅子で車まで送ってもらい、10時帰宅。帰った途端にまたトイレに走る。

のぞいてみた。青い紐が2本ぶら下がっている。


や、やっぱりそうだったのか・・・