2014年6月15日日曜日

今朝も階段運動から始まる。が、石はまだ出て来ない。なかなか頑固だ。

つい先週までは『結石』という言葉は別世界のものだった。なのに、今頭の中にあるのは、石、石、石だ。

何枚かの洋服はケースに
まだそのまま入っている
おさらいしてみよう。火曜日に日本に行く予定だったので、月曜日にお店を廻っていた。お店のトイレで血尿が出る。夕方痛みをこらえてお医者さんに行き、結石だろうという診断。そのままレントゲン撮影。翌朝、やはり結石が見つかったというメールが来た。腎臓に2つ、もしかすると3つという所見だった。

火、水曜日は何もなく過ごす。初めての激痛が襲って来たのは木曜日。午前と午後の2回。外出するのが怖くなる。

水分摂取のために
Costcoでスイカも買いました

金曜日CT検査。1時間後に検査結果がメールで送られて来た。左の腎臓の中に3㍉から7㍉までの石が3つ、尿管に4㍉の石が1つある。そのため左の腎臓は水腎症で腫れている。すぐ泌尿器科の医者に会うように、という内容だった。その夜8時頃から1時間激痛。

今日はお風呂に3回入る。どうも身体を温めると楽になるようだ。何かのサイトで激痛は3カ所ある尿管の細い部分を通る3度起きる、というのを読んだがびくびくしながら過ごす。一日食欲も余りない。

一刻も早く日本に行きたい。父のことが気になって仕方ない。今度会った時父が私の顔を見ても誰かわからない、という状態になってしまうことを恐れる。自分の不摂生のために日本に行けなくなったのだ、と自分を責めるだろう。

食べたことも覚えていない父
それにしても今のこの薬の量。先週までは甲状腺機能低下症の薬だけだったのに、痛み止め、激痛の時のコデイン、抗生物質、抗生物質で良い菌までなくなってしまうのを防ぐプロバイオティクスの錠剤。

アメリカに30年以上住んでいても
一瞬で理解できるのは日本語