2014年6月14日土曜日

惨憺たる結果

朝からとても気分が良い。まずは階段エクササイズ。ランニングマシーンを横目で見ながら、午後にでも歩くか、と考える。すぐには実行しないのがいつものパターン。
一日100段を3回
ランニングマシーンも
靴と一緒にセットしてある
でもなかなか使わない

午後3時にCT検査があった。検査技師の女性はとても暗い雰囲気の人で、アメリカでは珍しいほどしゃべらない。こういう人が10人に1人ぐらいいる。大体はお医者さんは勿論、看護師さん、技師、受付とどの人もとてもフレンドリーなのだ。こちらも少し暗い気分になる。

これはレントゲン室

ガウンに着替えてから検査室に来てくださいと言われる。CT検査自体は2分ぐらいだった。息を停めてくださいという指示が音声で流れる。腹部の写真を2枚撮ったようだ。

食生活を改善しないといけない、と『いまはら』に寄って帰る。ここは日本人経営のフルーツスタンドがちょっと大きくなったようなお店。いわゆる八百屋さんだ。果物や野菜の他にちょっとしたパン、お寿司、お菓子、飲み物が置いてある。

いまはら
道が混んでいて全く車が動かないので、サンタナローを通ってモールに行く。友人Yとコーヒーを一杯だけ一緒に飲むことにしよう、と待ち合わせていたのだ。Yを待っている間にお医者さんから検査結果が送られて来た。これがなんとまあ惨憺たる結果だった。

サンタナロー
まず、石は全部で4つ。1つは尿路にひっかかっている。これが4㍉。腎臓の中にあるのが3㍉から7㍉まで3つ。全て左の腎臓。尿路にひっかかっている石のために尿が流れず、左腎臓は水腎症になっていて腫れている。大腸にポケットがいくつかある(これは食物繊維を余り摂らない人にできるらしい)。

これだけでもいやなニュースなのに、血管石灰化という言葉が見られた。これは動脈硬化が進んだ状態で、身体の一部に石灰化があると全身に動脈硬化があるらしい。この言葉で打ちのめされる。お医者さんからは、泌尿器科医にすぐ会ってくださいというメッセージが添えられていた。すぐ電話をして月曜日に予約を取る。

吐き気が襲って来た時のための袋
コデイン、テレビのリモコン
そして救急車を呼ぶ時のための電話
こうして激痛に備えている
Yが来たので一緒に検査結果を読んだ。実は二人で読んでも殆どの英語は理解できなかった。なにしろ、わかるのはkidney(腎臓)とかbladder(膀胱)だけで、尿路、水腎症、などの言葉は全くわからない。こういう詳しい言葉は帰宅して辞書で調べてわかったのだ。が、vascular calcifications(血管石灰化)という言葉だけはなんとなくわかった。とても気分が重い。

帰り道渋滞に巻き込まれて家まで時間がかかる。その間に鈍痛が始まった。車の中で七転八倒するわけにはいかないので(運転は夫)、すぐにコデインを飲む。家に着く頃には痛みは止まっていた。

夕食は納豆、オクラ、ゴボウ、
ワカメ、苺
さすがに夕食に脂っぽいものを食べる気がしない。粗食ですませて野球を観ていたら、8時に激痛が始まった。コデインは飲んだばかりなのでもう少し待たないといけない。激痛は1時間続いた。痛みが治まったあとも、左腎臓が腫れているのがわかる。お腹全体の膨満感で苦しい。一体石はいつ出るんだ?

そうそう、今日わかったことが一つ。

病院のガウンは後ろ開き
月曜日に前開きで着てしまった
首が苦しいと思ったのよね