2014年6月11日水曜日

石が2つあった

今朝は日本に向けて発つ予定だったのに、代わりにスーツケースの中身を元に戻して片付ける、という一日になってしまった。朝10時頃やはり左下背中に痛みがあったが、Motrinという鎮痛剤を飲んで治まる。一体いつ日本に行けるのだろう。

荷造りしていたのに
昨日診察してくれたお医者さんからはレントゲン結果と、メールが送られて来た。レントゲンには6㍉と4㍉の影が左側の腎臓にあったということ。多分これが結石だろうという所見だ。もう一つ4㍉の影もあったが、これは石かどうかわからないらしい。

この結石があることで七転八倒の痛みを経験した、という話はよく聞く。陣痛よりも大変だとか、死んだ方がマシだと思ったとか、救急車を呼んだとか。具体的にどういう痛みなのか調べてみた。

結石が尿路を下る時、尿路の細い部分があってそこでひっかかる。腎臓から排泄された尿は膀胱に流れることができず、腎臓の内圧が高まって激痛が起きるらしい。その痛みは2時間続いたとか9時間続いたとか、色々な体験談も読む。

右は薬局で買った鎮痛剤
左は処方されたコデイン
では、運転中にそういう痛みが起きる可能性もあるわけか。突然痛み始めると書いてあるのだから、お店にいる時始まるということもあるのだ。それも結石があるとわかってから1年以上かかってやっと排出された、という人もいる。ということは日本にはもしかして1年以上行けない可能性もあるのか。それはありえない。父のことを姉に任せっきりにはできない。

それでも、飛行機の中で激痛が始まって、日本に着くまでずっと七転八倒ということもありうるわけで、石が出るまでは行かない方がいいのだろうか。他にお医者さんができることはないのか。その辺りをお医者さんにメールで質問してみた。今はその返事を待っている。

ところで飛行機と言えば、来年の3月からユナイテッド航空はマイレージのルールを変えるという記事を読んだ。今まではサンフランシスコから日本に往復すると、成田往復でも1万マイル以上のマイレージが加算された。ところが来年からは飛んだ距離ではなく、航空券に使った金額に基づいて加算されることになるそうだ。

サンフランシスコ
空港マップ
尿管じゃないっす
つまり、1200㌦のチケットだと1200x5の6000マイルのみが加算される。プレミア会員だとシルバーが1200x7、ゴールド
だと1200x8というように加算される。これは仕事で飛行機に乗ることが多いビジネスマンに有利になるような変更だそうだ。ビジネスマンは国内のフライトが多い上、チケット料金は国際線に比べると割高だからだ。一番損をするのは国際線に乗る客だ、ということ。

来年のことはさておき、一刻も早く日本に行けるように石を落とさないと。だからこれ。
マジっす