2014年5月11日日曜日

サンフランシスコのアパート事情

次男が転職した。今度の職場はサンフランシスコ、それもジャイアンツのホームスタジアムであるAT&Tパークのすぐそばにある。今週が新しい職場第1週目だった。とりあえずサンフランシスコのアパートに住んでいるガールフレンドの部屋に、しばらく一緒に住むことになり、私が日本にいる間に引っ越してしまっていた。

次男とガールフレンドは明るく人懐っこい性格が似ている
ガールフレンドのアパートはユニオンスクエアのすぐそばだ。遊びに来いと誘われたので、行ってみることにした。ついでにユニオンスクエアにあるお店でショッピングもしたい。なにしろサンノゼは田舎だ。我が家から一番近いスーパーまでは1マイル、つまり1.6㌔ある。一番近いカフェはスターバックス。ここまでは2.4マイル、4㌔近くだ。ピーツまでが8㌔。モールまでは9㌔。アメリカなら『近所』ではあるが。

一昨年の夏大学を卒業してから、次男にとってはこれが3つ目の仕事だ。アメリカ全体のことはわからないが、シリコンバレーの20代は転職し続ける若者が多い。より良い職場環境と年収を求めての転職だ。次男の職場環境も我々の世代からは考えられないほどの良さだ。

従業員は会社で1日3食無料で食べることができる。社食とはいえ、レストランのシェフが調理しているので、なかなかおいしいということ。

職場にペットを連れて来るのは自由。次男の隣の席に座っている同僚は犬を毎日連れてきて、犬は一日中寝たりその辺を歩いたりしているそうだ。

大きなジムがあり、従業員はジムで汗を流すことを薦められる。アーケードがあるので気分転換にゲームをして遊ぶ。マッサージ師がいる。などなど今のIT関係の会社はこういう環境が当たり前だそうだ。会社側はより良い人材を獲得するために、コンサルタントを雇って魅力的な環境を作るのだ。

今の20代30代はブーメランジェネレーションと呼ばれる。つまり、一度は手元(親元)から離れたもののまた返って来るという意味。まるでブーメランのようだ、ということで名前がついた。特にベイエリアでは親元に帰る子供たちは多い。コンドーを買うにもどんどん価格が高騰して手が届かないからだ。

video

ガールフレンドの1Kアパートはとても広い。ユニオンスクエアまで歩いて5分。部屋はアパートの4階にあるが、1階にはカフェがある。一緒に歩いてシーフードを食べに行ったが、人気のあるお店で行列ができていた。あきらめて隣にある格安お寿司屋さんに入った。


このアパートの立地は最高。大きなウォークインクローゼットのある部屋は広いし文句なし、と言いたいところだが、やはり古い建物なので使いにくい部分がある。バスルームは狭い。カーペットも汚い。それにワンルームでガールフレンドと一緒に住むということは、一人になれる自分だけのスペースがないということだ。二人の関係にとっては余り良くないことかもしれない。








ということで職場の近くにあるアパートを見に行くことにした。この辺りは新しく開発された地域で、今も次々に新しいコンドーが建設されている。ジャイアンツのスタジアムはすぐそばだ。プロフェッショナルな仕事を持つ人が住む地域で、ユニオンスクエアまで歩いて行ける距離なのに、郊外のような安心感がある。
ジャイアンツのスタジアム
向こう側に見える高層ビルはコンドー

が、アパートは高い。1Kの家賃が3000㌦。1LDKだと3500㌦だ。ガールフレンドと一緒に住んで折半できるのはいいのだが。それでも1年契約をした場合、1年後には家主が好きなだけ値上げしてもいいという法律がある。

1985年以前に建てられたアパートだとrent controlという法律が適用される。この法律では家賃の値上げ率の上限が決められている。が、次男が住みたい地域のアパートは全て新しいので提要されない。

広々としてきれいなアパートを見た長男はもう完全にその気になっている。部屋を見せてくれたエージェントは、今すぐ契約しないとなくなりますよ、と言う。それは本当だ。シリコンバレーのレンタル事情は大変なものだ。グーグル、facebook、アップルの従業員たちがどんどんレンタル市場をつり上げていると言われている。グーグルのあるMoutain View市など、毎月8000㌦の家賃のアパートがあっという間になくなる。


家を売りに出しても今はすぐ売れてしまう。それも言い値どころかそれ以上の金額のオファーが数件入る。売ったはいいが次に住むところが買えないのではないか、と危惧した売り主が売るのはや〜めた、と市場からおろしてしまうケースが多いとニュースで言っていた。

こちらはL字型の1Kで家賃は3000㌦

すぐにでも契約したそうな次男に、よく考えなさい、今のアパートだって契約が7月末まであるのだから、と説得する。

さて、夜は1時までアパートを借りるか、一体コンドーを買うことは可能なのか、と話し合った。
しかしこれが翌朝の大きな夫婦喧嘩につながることに