2014年4月21日月曜日

ゴミ箱

父は物を捨てない。だから実家はゴミ箱と化している。地下室と呼んでいるリビングルームの下にある部屋は天井までびっしり物が詰まっていた。去年夫が来て地下室から全ての物を玄関前まで出して、業者に来て引き取ってもらった

今年はリビングルームの掃除をする。リビングルームも足の踏み場がないほどの状態だったが、ここ数年で少しずつ片付けたので、家具や物は3分の1まで減った。それでもこの状態だ。


とにかく父は全ての物をためこんでいた。もらった携帯ティッシュから、取扱説明書、何のためのものかわからない電源コードなどなど、正常な人間がすることとは思えないほどのゴミの量だ。その中には銀行や役所からの書類もあるので、一枚一枚の紙をチェックし、一つ一つの袋や容器を開けて見て確認しないといけない。


ソファや大物家具は3年前に大型ゴミに出した。今はプラスチックの引き出し類と、100円ショップで買ったプラスチック容器がたくさんあるので、それをゴミとしてまた引き取ってもらわないといけない。日曜日に夫が来たら1週間は片付けをして、物を減らす予定だ。 

さて、夕方6時過ぎにホームに行くと、父が険しい顔で廊下のソファに座っている。スタッフの一人が来て「午後から暑いと言わはって、夕食も食堂では食べたくない、ソファで食べたいとおっしゃって。」とひそひそと教えてくれる。父はその間にも「ちょっとぉ、ちょっとぉ。熱い食事では困る。冷たいのを持って来てくれんか。」と偉そうに言っている。

薬が『金属の味がする』と
文句を言って
ゼリーを作ってもらう
ようになった
すぐ父の前に行って「特別に冷たい食事なんか作ってもらえるわけがないでしょう。そういうわがままはやめなさい。」と私が言うと、父は私の顔を見て不服そうに「あんたまでそういうひどいことを言うんか。」とのたまう。いつものとてつもなく憎たらしい父の態度だ。

スタッフはこんな父にこき使われて、他の入居者の世話をする時間もないのではないだろうか。特に夕方は他の人たちの着替えなどを2人のスタッフでこなさないといけない。父の相手をしている暇はないのに、父が一番手を焼かせる。だから、家族が行って面倒をみないといけない。

部屋に連れて行きゼリーで薬を飲ませて、どら焼きを食べさせたら洋服がもうグチャグチャに汚れ濡れていた。着替えようと父のシャツを脱がせると、父は背中を掻いてほしいと言う。それが延々と右、左、真ん中、端っこ、もう一度!違う違う!と不愉快極まりない態度で言うのだ。どうして家族やスタッフが父のわがままに付き合ってしまうのだろう。


付き合わないと不穏になるからだ。そうなると父はおかしくなってくる。ホームを飛び出すかもしれない。それで事故にでもあったら、家族は後悔してもしきれないという日々になるだろう。あの時もっと優しくしてあげれば良かった、と。

セロテープであちこち直している扇子
ホームもゴミ箱化しつつある