2013年12月6日金曜日

二傳の紅葉弁当

東京に移動の日。なにしろ新幹線で食べるお弁当が楽しみ。ここ何度かは泉仙の六角弁当ばかり買っている。昔は500円のサンドイッチしか買わなかった。それが豆藤の800円のお弁当になり、六角弁当で1600円払うようになった。さすがに飽きたので今日は伊勢丹の地下で別格に高いお弁当が置いてある、老舗弁当コーナーを見に行く。

修学旅行シーズン
清水の舞台から飛び降りたつもりで二傳の紅葉弁当を買うことにした。老舗弁当の中では一番安い2310円。1600円のお弁当に比べると700円高いが、一度は老舗弁当というものを食べてみたい。なにしろ京都に住んでいても、こんなお弁当を食べたことがないのだから。

おいしかった。が、ちゃんとした和食というものを食べる機会が滅多にないせいで、何を食べているのかわからないのが情けない。食べ終わったあとラベルにメニュー表示があるのを発見。読んでみてびっくり。殆どのものが自分の思っていた食材と違うものだった。
お弁当のどアップ

サーモン御飯、秋鯖握り寿司、ひさご出し汁巻玉子、サーモン幽庵焼、貝柱松風、平目金糸巻、白和え、穴子八幡巻、柿玉子、六方芋白煮、木ノ葉南瓜、信田巻、茄子田楽、鯛南蛮漬け、茗荷、きす長芋巻揚、ピーマンだそうです。

大満足。おいしいお弁当を食べるだけで幸福感に包まれる。やはり色気より食い気か。


京都を出た時は曇っていたので、今日は富士山は見えないだろうと思った。が、雲におおわれていても富士山は美しい。

富士山の串刺しぃ〜
東京に到着。不思議だが、東京に来るとアメリカを思い出す。京都とは異質の文化だ。東京なら住めるなあと毎回思う。こんななんでもない景色なのに、ウキウキする。



いつも東京で泊まるのは銀座周辺。今日はクリスマスツリーが飾られていて、夜はきれいだろうなあ、と思う。荷物をホテルに置いたら銀座通りを歩いてみよう。

という計画は実行されなかった。何故なら夕方くしゃみが立て続けに出たと思ったら、気分が悪くなって来たからだ。東京では友人に会いたいと思うのだが、いつも約束をしない。大好きな場所なのに、何故か東京に来ると具合が悪くなることが多いのだ。


それでもせっかく銀座にいるのだから、出かけようと思いお化粧をして洋服も着替える。が、鼻水も止まらなくなったので、思い直してドラッグストアに行くことにした。加湿マスクと葛根湯を買う。レジで『お大事に。」と言われた。一気に不幸になる。

が、今日の一番の不幸は実は違うところにあったのでした。

二傳の紅葉弁当を買ったあと見つけた
なんとセールで1365円!
不幸だ・・・