2013年7月26日金曜日

赤いオットマン

途中で完全に停滞してしまったフローリングだが、もうイライラするのはやめることにした。昨日ジェリーが電話してきて、今日か明日契約書を交わすという約束だったが、その後ジェリーから連絡はない。他のプロジェクトがあるので、そちらを進めることにした。

サンノゼは乾燥している
夏は山が茶色になる
とにかくキッチンのキャビネットを誰に頼むか、ということを決めないといけない。ホームセンターかポールか。ホームセンターはのキャビネットは、Thomasvilleという有名は家具会社が作る。だが、実際のキャビネットのサンプルを見ても、『よし、これだ!』というアドレナリンが出なかった。先週見つけた業者、ディキンソンに見積もりを出してもらうことにした。

ディキンソンのワークショップに行ってみた。思ったよりも大きな所で、この前ナパバレーのワイン会社のオーナーのキッチンを手がけた、ということだ。その写真を見せてもらった。我が家のキッチンの5倍ぐらいの大きさだ。品質はどこよりも良い。ただ彼のワークショップはキャビネットを作るが、取り付けはしてくれない。自分たちで業者を探さないといけない。


とにかくディキンソンは土曜日の朝8時に家に来て、計測をしたあと見積もりを出してくれるということ。今の時点ではディキンソンが浮上してきている。ポールのワークショップには2度行って、全部で3時間ぐらい話した。個人で経営しているベトナム人のポールにできるなら頼みたい。が、ディキンソンのキャビネットには何か心惹かれるものがある。

ところでこの前フェンス業者が工事を終えて帰ったあと見たら、ポストを建てる時に掘り起こした土を花壇に捨てていた。花の上だったので気分が悪い。一応そのことを業者にメールしておいたのだが、今日返信があった。おわびに76㌦返金してくれるそうだ。

その76㌦で嬉しくなったわけではないが、ディキンソンの帰り道にモールに寄った。そこでPottery Barnというお店に行って白いラグを探す。家を売る時に、ここの家具やアクセサリーで家を飾ると、売りやすくなると言われるほど人気がある。この家を買うとこういう生活ができるのか、と買い主がイメージしやすくなるからだそうだ。

そこで赤いオットマンが目に飛び込んで来た。今朝家を出る前に、どの部屋もブラウンや白ばかりで色が全くない、なんて退屈なんだ、と思っていたところだった。


大胆過ぎるかなあ、と逡巡する。でも、冒険もしてみたい。これからはもっと色も使ってみたい。しばらく迷った末買った。



仕事が終わって帰って来た長男が見て、開口一番「この家の家具はどれもマッチしてない。」

はい、わかっています。

でも、使っていますよね、みなさん